禁書目録

美琴「ご、ごめんなさい!大丈夫ですか?」俺「……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 13:44:10.32 ID:Z2idG4GdP
美琴「本当にごめんなさい……知り合いだと思って」 

俺「お前は知り合いにいきなり電撃を流すのか!死ぬとこだったんだぞ!」 

美琴「ひっ……」 

俺「お詫びはしてもらわないとなぁ……ちょっとこっちにこい」 

そういうと俺は、美琴を路地裏へ連れて行った。 

美琴「なんなんですか……?」 

俺「人を殺しかけといてなんだその口調は!」 

美琴「ごめんなさい……」 

俺「もうわかってるよな?」 

美琴「……!」 

いきなり腰を撫でられる感触に、美琴は青ざめた。 

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 13:48:31.71 ID:OdKS65rMO
キモ過ぎ熱出た 
続きを読む

上条「2ちゃんねる?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/27(金) 17:48:48.44 ID:Z4WZ7u+n0
御坂「ねぇアンタ、2ちゃんねるって知ってる?」 

上条「なんだそれ、テレビ番組か何かか?」 

御坂「日本で一番大きなインターネット掲示板のことよ」 

上条「インターネット?あぁ、俺パソコン持ってないから」 

御坂「はぁ?確か学園都市のパソコン普及率は99.9%のはずよ?」 

上条「じゃあ俺が0.1%なんだろ、悲しいこと言うなよ」 

御坂「・・・本当に悲しいわよ」続きを読む

一方通行「バイトだとォ…!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/24(火) 21:27:49.12 ID:mdhxEyZ/0
一方「何でこの俺がそンなくだらねェことしなきゃいけねェンだよ!?」 

芳川「くだらないとは聞き捨てならないわね…。あなたがもう少し社会性を身につける上で体験しておいて損はないんじゃない?」 

打ち止め「私もバイトやってみたいな~、ってミサカはミサカは求人情報誌をペラペラめくってみたり」ペラペラ 

黄泉川「まあ、アンタは無理じゃん。年齢制限的に」ペラペラ 

芳川「どれにしようかしら、愛穂?」ペラペラ 

一方「オイコラ勝手に話を進めンな」 

続きを読む

上条「不幸だ…」一夏「禿げ上がるほど同意」

1 :ローカルルール・名前欄変更議論中@自治スレ:2012/01/22(日) 12:58:08.07 ID:ZZkIWqwD0
ーとある居酒屋風の飲食店ー 

上条「美人のヒロイン達に囲まれてるのがそんなにいいことかー!!」 

一夏「いいことかー!!」 

上条「こっちはこれでも大変な思いしてんだよー!!」 

一夏「してんだよー!!」 

上条「女なんてクソ食らえー!!」 

一夏「おおー!!」 


店員「お客様、うるさいですよ」ジロッ 

上条「ごめんなさい…」 

一夏「すみませんでした…」 


上条「それでは気を取り直して… 第1回『美人ヒロイン達に囲まれているけど、ちっとも嬉しくない主人公同盟』のオフ会を始めます」


 
続きを読む

上条「なあインデックス、どうしてウナギは長時間水の外で生きていられるんだ?」

807:おさかな煉獄:2011/06/08(水) 10:09:47.00 ID:kBEOpYfK0

水槽みてたら思いついたネタ、さかなくん先生が禁書を書いた的な 


「なあインデックス、どうしてウナギは長時間水の外で生きていられるんだ?アレって魚なんだろ?」 

「突然どうしたの?とうま」 

「いや、なんとなく。なんでだろうなって」 

「よくわかんないけど、ウナギはエラ呼吸以外にも皮膚呼吸が異常に発達しているからじゃないかな」 

「あのぬるぬるに空気中の酸素が溶け込んで、それで呼吸するってことか。んじゃあドジョウも同じなのか?」 

「ドジョウはエラと皮膚だけじゃなくて、口から空気を取り込んで腸で酸素を吸収できるんだよ」 

「へえ~、じゃあドジョウがオナラするのは腸呼吸しているからだったんだな。あ、そうだドジョウと言えばドジョウ豆腐」 

「ほえ?ドジョウが入ってるお豆腐のこと?」 





「水を張った鍋に豆腐と生きたドジョウを入れて火に掛けると、熱さから逃れるためにドジョウが豆腐に飛び込んでいくっていう」 

「出来上がりは見た目ただの湯豆腐だから、生臭が禁じられてたお坊さんが好んで食したってのは作り話みたいだよ?」 

「そうなのか?まあ言われてみれば豆腐に潜る前にドジョウが茹で上がっちゃいそうだけどな」 

「うんうん、ドジョウの潜る性質を利用した拷問なんてのはあるんだけどね」 

「拷問?どんなことをするんだ?」 

「それは……えっと……ど、ど忘れしちゃったんだよ!」 

「(完全記憶能力……)そっか、ど忘れなら仕方ないよな。そうだ、シマドジョウって知ってるか?」 

「日本中の河川にいる小型のドジョウの仲間で、日本産淡水魚には珍しく観賞用として欧米への輸出もされてる魚だね」 

「さすがインデックスだなあ。そう、小さいんだよ。子供用だよな」 

「え?」 「え?」 

続きを読む
月別アーカイブ
記事検索
スポンサードリンク
相互リンク・RSS募集しております。
Powered by fun9.net
  • ライブドアブログ