1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 21:32:53.25 ID:nkByV/4a0
 卒業後 

女「す……好きです。付き合ってください」 

男「え……」 

女「ちゅ、中学一年の時から好きでした」 

男「ちょ、ちょっと待ってよ。その頃から虐められてたんだけど、きみに」 

女「……ごめんなさい、でも、好きなんです」 

男「いや、無理だから。好きって……都合良すぎるでしょ」 

女「……」 

男「じゃあね。高校一緒みたいだけど、もう話しかけてこないでね」 

女「……」 

 お願いします


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 21:59:32.66 ID:/R1NFi5G0
・高校初日

男「あ……」

女「一緒の、クラスだね……嬉しい」

男「……」スタスタ

女「あ……」

女「(やっぱり……都合良すぎ、だよね)」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:04:48.23 ID:/R1NFi5G0
チャラ男「女ちゃん可愛いね~、放課後どっか行かない?」

女「嫌です」

チャラ男「そんなこと言わないでさ~、チャラ女にイケメンも来るからさ、ね?」

女「無理です」

チャラ男「なんで? もしかして彼氏持ち? だとしても一緒に遊ぶだけだって」

女「死んでください」

チャラ男「お、女ちゃん意外に毒舌? 新たな一面発見! みたいな?」

女「あなたの口臭が筆舌に尽くし難いほど不快なので近寄らないで下さい」

チャラ男「っ! さっきから調子に乗りやがって……」

チャラ女「もういいよ、こんなん放っといて行こ」

チャラ男「覚えてろよ……」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:10:43.41 ID:/R1NFi5G0
モブ子「お、女さんって度胸あるんだね」

女「私は思ったことを言っただけ」

モブ子「普通はそんなにズバズバ言えないと思うけどなぁ……」

女「……(私は、もう自分のために嘘をつかないって決めたから)」

モブ子「ねえ、放課後一緒にどこか行かない?」

女「放課後……」チラッ


男「まさかお前も同じクラスとはなぁ」

幼馴染「中学は別だったもんねぇ」

男「お前の学力でここ入れたのが奇跡だな」

幼馴染「酷いよっ! 私、中学では結構優等生やってたんだからね!」

男「誰のおかげだと思ってるんだよ?」

幼馴染「ははっ、男様のおかげでございます~」

男「よろしい」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:12:59.58 ID:/R1NFi5G0
女「……わかった、いいよ」

モブ子「ほんと? やった!」

女「(幼馴染なんて、いたんだ)」

女「(やだなぁ……諦めなきゃ、駄目かなぁ……)」


幼馴染「男は放課後予定ある?」

男「別にないぞ」

幼馴染「じゃあ一緒に帰ろっ」

男「はいはい」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:17:57.33 ID:/R1NFi5G0
・放課後

男「んじゃ、そろそろ帰るわ」

幼馴染「え~、泊まっていきなよ~」

男「お前なぁ、仮にも女なんだから、男を軽々しく泊めようとするなよ」

幼馴染「仮にもってなにさ! 私は正真正銘女だよっ!」

男「だったら俺に対して女相応の態度を取りやがれ!」

幼馴染「女相応の態度……」

幼馴染「こんな感じ?」チラッ

男「なにスカートたくし上げてんのっ!?」

幼馴染「だって男が女らしいことしろっていうからぁ……」

男「わかったわかった、俺が悪かったよ……」

幼馴染「ふふ、興奮した?」

男「うるせえ、俺は帰る」

幼馴染「もう、照れちゃって~またねー男」

男「おう、また明日な」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:21:28.21 ID:/R1NFi5G0
・自室

男「(女さんへの態度……俺は本当にあれで良かったんだろうか)」

男「良いもなにも、あるかよ……」

男「俺はあいつに……あいつらに虐められてたんだぞ……」

男「それを、どうやって許せって言うんだよ……」

男「……別に、許せなんて言ってなかったか」

男「それって、反省してないってことなんじゃないのか」

男「俺を虐めたことなんて、許してもらわなくても良いって」

男「そういうことなんじゃないのか……」

男「もう、考えるのはやめよう……」

男「……」

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:25:01.76 ID:/R1NFi5G0
チャラ男「あークソッ! あの女マジムカつく……」

チャラ女「私以外の女に粉かけようとするから悪いんだって」

チャラ男「にしたってあの態度はねえだろ!」

イケメン「お前の態度が軽薄すぎたんじゃねえの?」

チャラ男「イケメンに言われちゃなぁ」

イケメン「まあ見てろって、明日は俺が口説き落としてやっから」

チャラ男「そんときは安くしてくれよ?」

イケメン「一回5000円な」

チャラ男「高ぇよ!」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:32:46.96 ID:/R1NFi5G0

イケメン「女さん、おはよう」

女「……おはようございます」

イケメン「昨日はチャラ男がしつこかったみたいで、ごめんね」

女「誰でしたっけそれ」

イケメン「は、はは……聞いていたとおりの毒舌なんだね」

女「はぁ……それで何か用ですか?」

イケメン「俺さ、君と仲良くしたいんだ」

イケメン「だから今日の放課後、どこかにあそびに行きたいなって」

女「無理です」

イケメン「あ、もちろんチャラ男達は一緒じゃないよ? 二人っきり」

女「論外です」

イケメン「……ご、ごめん、何か女さんの気に障ること言ったかな?」

女「自分が誰かから嫌われることなんてありえない、と思っているような顔がむかつきます」

イケメン「え」

女「さよなら」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:36:11.87 ID:/R1NFi5G0
イケメン「えぇー……なにあれ」

チャラ男「『まあ見てろってキリッ』」

チャラ女「『俺が口説き落としてやっからキリッ』」

チャラ男「ざまあねえな!」

チャラ女「かっこ悪すぎぃ」

イケメン「お前らなぁ……」

チャラ男「なんで俺はこんなに気分がいいんだろうな?」

チャラ女「あんたのみっともなさも相当だけどねぇ」

チャラ男「ですよねー……」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:41:05.95 ID:/R1NFi5G0
男「(女さん、色んな奴らから話かけられてるな……)」

男「(性格はあんなだけど、顔は可愛いし……)」

男「(でも、中学の時絡んでたような人たちのことまで無視してる)」

男「(もしかして、中学の時は無理してたのかな)」

幼馴染「おーっとこ!」

男「うわぁっ!?」

幼馴染「にょわっ!?」

幼馴染「び、びっくりさせないでよ……」

男「びっくりさせたのはお前だろうが……」

幼馴染「いやあ、私も男があそこまでびっくりするとは思わなかったっていうか…」

幼馴染「な~にぃ、なんかエロい妄想でもしてたのかな?」

男「お前と一緒にすんなよ、痴女」

幼馴染「ち、痴女って! 私変態的なことなんてしてないよ!」

男「青のストライプ……」ボソッ

幼馴染「うわああああああああ!!!!」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:44:52.54 ID:/R1NFi5G0
モブ子「あそこだけ空気がピンクだよねー」

女「……そうだね、お似合い、だね」

モブ子「付き合ってるのかな?」

女「……かも、ね」


幼馴染友「はいはい、痴話喧嘩はそこまでにしなって」

男&幼馴染「「誰がっ!?」」

幼馴染友「あんたたちほんとお似合いだわ……」


女「(ほんと……お似合いだなぁ)」

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:49:18.30 ID:/R1NFi5G0
女「お、男くん……」

男「……なに」

女「あの……良かったら、おb」

幼馴染「男ーっ! おべんと食べよー!」

男「俺はお前と違って弁当じゃないぞ」

幼馴染「そうだと思って……じゃじゃーん! お弁当、作ってきてあげました!」

男「お前料理なんてできたのか……!」

幼馴染「失礼な! 私だって女の子なんだよ? 料理くらいできますよーっだ」

男「ごめんごめん」

男「っと、幼馴染、先に中庭行っててくれないか? 女さんが俺に話があるらしくて」

幼馴染「うん、わかったよー」タッタッタ

男「……それで?」

女「……ううん、ごめん、なんでもないの」

男「……そっか、それじゃ」

女「(……捨てよう)」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:54:28.36 ID:/R1NFi5G0
男「お、この唐揚げ美味いな」

幼馴染「それは冷凍食品だよ……」

男「……こ、このウィンナーも美味いぞ」

幼馴染「それは切っただけだよ……」

男「こ、この卵焼きなんか最高だなあ!」

幼馴染「それはお母さんのだよー!」

男「じゃあお前は一体何を作ったんだよ!?」

幼馴染「お米を炊いて盛った!」

男「ほぼ何もしてねえっ!」

幼馴染「うぅ……白米をオカズに白米を食べてくれる男を想像しながら頑張ったのに……」

男「お前俺をなんだと思ってんの?」

幼馴染「大切な幼馴染に決まってんじゃん!」

男「そ、そうか…」

幼馴染「なに~? 照れてんの?」

男「照れてねえよ!」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 22:57:32.52 ID:/R1NFi5G0
幼馴染「うぅ~、食べたら眠くなってきた……」

幼馴染「男ぉ、膝枕して~」

男「男の膝枕なんて、硬くて痛いだけじゃないのか?」

幼馴染「いいからいいから」

男「はぁ……ほら」

幼馴染「ん……」

男「……」

幼馴染「……いい天気だねえ」

男「だなぁ」

幼馴染「……時間になったら起こしてー」

男「んー」

幼馴染「……」

男「……」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:00:35.27 ID:/R1NFi5G0
幼馴染「なに男まで寝てんのさ~!」タッタッタ

男「だって、お前がっ、あんまり気持ちよさそうに寝てっからっ」タッタッタ

男&幼馴染「「すいません、遅れましたっ!」」ガラッ

教師「おーう、若いからってほどほどにしとかないと駄目だぞー」

男&幼馴染「「何が!?」」


モブ子「熱いねぇー」

女「(男くん……)」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:06:46.94 ID:/R1NFi5G0
・放課後

女「(男くん……私が入り込む余地は、もう1ミリもないのかな……)」

女「(当たり前だよね……私、男くんのこと、虐めてたんだから)」

女「(自分が虐められたくないからって、男くんのことを生け贄にしたんだから)」

女「バカだ……私……っ」

女「ひゃ……っ」ズルッ

イケメン「……! 女さんっ」ガシッ

イケメン「大丈夫? 女さん」

イケメン「ボーッとしながら階段降りるなんて、不注意にも程があるよ」

女「……なせ」

イケメン「ん?(よっしゃ好感度UP!)」

女「……離せっ!」

イケメン「は、はぁ?」

女「触らないでよ汚らしい!」

イケメン「え、あの」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:10:36.46 ID:/R1NFi5G0
女「なんなのよぉ……なんで、こんなっ……!」

イケメン「お、女さん……?」

女「うるっさいなぁ! もうどっか行ってよ!」

イケメン「っ! なんなんだよこの女……」

女「うぅ……男、くん……」



チャラ男「で、どうだったよ?」

イケメン「無理、あの女イカれてるわ」

チャラ男「お前がここまで手こずるのも珍しいな」

チャラ女「……もうさ、虐めちゃおうよ、あの娘」

イケメン「……確かに、あの態度は気にくわないしな」

チャラ男「俺も異議なし」

チャラ女「じゃああとはあたしが勝手にやっとくから」

チャラ男「ほいほい」

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:15:44.87 ID:/R1NFi5G0
幼馴染「男さ~」

男「ん~?」

幼馴染「中学の時より、元気になったね」

男「ん、ああ……そうかもな」

幼馴染「ほんとはさ、何回も聞こうと思ったんだよ」

幼馴染「だけど、男が言ってくれるの待ってようって思って」

男「……うん」

幼馴染「……ま、結局言ってくれなかったけどさ」

幼馴染「でも、元気になってくれてよかった」

幼馴染「元に戻ってくれって、良かったよ」

男「……ああ」

幼馴染「あ、あのさっ」

男「ん?」

幼馴染「私……自惚れても、いいよね?」

男「……ああ、お前のおかげだよ」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:20:01.67 ID:/R1NFi5G0
幼馴染「! そっか、そっかそっかぁ~」

幼馴染「んふふ、男は私がいないとダメダメなんだねぇー」

男「ああ、俺、お前がいなかったら、ここまで立ち直れなかったと思う」

幼馴染「ちょ、ちょっとぉ、ここはギャグで流すところでしょ?」

男「感謝してんだよ、俺」

男「ほんと、ありがとな」

幼馴染「卑怯だよぉ……」

男「さ、帰るか」

幼馴染「……うんっ」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:23:20.00 ID:/R1NFi5G0
モブ子「え? いや、あの……」

チャラ女「まあまあまあ、ね? 女虐めればあんたは一年安泰なんだからさ」

モブ子「でも……」

チャラ女「これ以上は言わないよ」

モブ子「わ、わかりました……」

チャラ女「んじゃ、よろしく~」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:27:03.07 ID:/R1NFi5G0
女「…………」

チャラ女「ボーっと突っ立っちゃってどうしたの~?」

モブ子「早く座りなよ~」

女「(席……ない)」

女「(探して、こよう)」

モブ子「……(ごめん、女ちゃん)」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:31:18.31 ID:/R1NFi5G0
女「ははっ……ボロボロじゃん」

女「(持ってこ……)」グッ

ガタンッ

女「……板、取れた」

女「ふ、ふふっ、あはははっ」

女「なにがおかしいのよ……」

女「いいや、これ持ってこ……」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:34:23.87 ID:/R1NFi5G0
女「(いじめられるのは、別にいい)」

女「(だって、私は男くんを虐めてたんだから)」

女「(そんな私が、虐められたくらいで嘆いていいはずがない)」

女「(私が虐められることで、男くんの溜飲が少しでも下がったらいいなぁ)」

女「(虐められたら男くんが許してくれるなんて)」

女「(そんな都合の良い妄想しちゃうくらい、参っちゃってるんだ、私)」

女「(覚悟は、してたつもりなのになぁ)」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:38:43.72 ID:/R1NFi5G0
男「あ、危ねえ、もう少しで遅刻するところだった……」ガラッ


女「……」

モブ達「クスクス」

イケメン「……」ニヤニヤ

チャラ男「……ぷっ」

チャラ女「……ふふ」


男「……(なんだよ、これ)」ドクドク

幼馴染「お、男、おはよう」

男「ん、あ、ああ、おはよう、幼馴染」

幼馴染「……」

男「……これは」

幼馴染「……事情は、わからないけど、たぶん見たとおり」

男「……そっか」

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:44:19.96 ID:/R1NFi5G0
男「(女さんが、虐められていた)」

男「(昔俺を虐めていた女さんが、虐められていた)」

男「(いい気味だ、と思うだろうか)」

男「(自業自得だ、と思うだろうか)」

男「(それが普通だと、俺も思う)」

男「(だけどそれ以上に、昔虐められていた記憶がフラッシュバックするのは何故だろう)」

男「(あの苦しさを思い出す)」

男「(クラスメイトの陰口に怯え、物理的な虐めに耐えていた日々を)」

男「(道行く人々の、些細な談笑でさえ恐怖するようになったあの日々のことを思い出す)」

男「(だから、今度こそ俺は、誰にも虐められないように)」

男「(そう振舞おう)」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:52:20.89 ID:/R1NFi5G0
モブ子「さっきの授業のあいつやばかったよね」クスクス

モブ娘「あんな簡単な問題も答えられないとか」クスクス

女「……」

チャラ女「授業中なんだから授業ちゃんと受けろってね」クスクス

チャラ男「それ俺たちが言えた義理じゃなくね?」クスクス

イケメン「言えてる」クスクス

イケメン「ってかあれ絶対寝た振りだよな」

女「……」ビクッ

モブ子「いまビクってしたんですけど」クスクス

チャラ女「キモッ」クスクス

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/31(火) 23:57:30.29 ID:/R1NFi5G0
男「(今度こそ虐められないように)」

男「(今度こそ、誰も虐められないように)」

男「(そう振舞おう)」

幼馴染「……やめようよ」

男「幼馴染……」

幼馴染「男まで虐められちゃうよ……?」

男「かもな」

幼馴染「それは……やだな」

男「うん。俺も、嫌だ」

幼馴染「男はさ、女さんのこと、好きなの?」

男「……いいや、好きじゃないよ」

幼馴染「じゃあ、やめようよ」

幼馴染「一年間、見ない振りをすればいいだけだよ」

男「かもな」

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:02:34.42 ID:RZqWTcej0
幼馴染「それでも、行くの?」

男「うん」

男「だって、虐められるのは辛いよ」

男「その虐めに原因があるのなら、俺はそれをなんとかしたい」

男「もし何の原因もない虐めだって言うのなら、俺はあいつらを絶対に許さない」

幼馴染「……そっか」

幼馴染「うん、わかったよ」

幼馴染「私は、何があっても男の味方だから」

幼馴染「……だから、安心して」

男「ありがと」

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:10:01.95 ID:RZqWTcej0
男「イケメン君、ちょっといいかな」

イケメン「おー、男、どしたん?」

男「いや、イケメン君とはあんまり話してなかったなぁーと思って」

イケメン「それはお前が幼馴染ちゃんとばっか話してっからだろー?」

男「それを言われると痛いなぁ」

イケメン「毎日ご馳走様です」

男「見世物じゃねーんだぞ?」

イケメン「わかってるわかってる、もう立派な夫婦だもんな?」

男「わかってないよね? それ全然わかってないよね?」

イケメン「ははっ、なんていうか、男って結構話しやすいんだな」

男「そうか?」

イケメン「ああ、もっと暗い奴だと思ってたよ」

男「それは思ってても言うんじゃねえよ!」

イケメン「悪い悪い、まあ今度あそぼうや」

男「おう」

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:16:06.28 ID:RZqWTcej0
女「(男くんが、イケメン君達のグループと一緒に居るようになった)」

女「(当たり前だ)」

女「(私を虐める絶好の機会なんだから)」

女「(分かっては、いたつもりだけど)」

女「(好きな人に虐められるのは、きっともの凄く痛いんだろうなぁ……)」


チャラ男「おい男、見てみろよさっきのあいつ、キョドりすぎじゃね?」

男「あんなやつどうでもいいだろ、んなことよりさっき幼馴染がさぁ」

イケメン「また惚気かよ!」

男「は? 惚気とかそんなんじゃねーよ!」

チャラ女「いい加減認めちゃいなって!」

男「か、勘弁してくれよぉ」

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:22:13.47 ID:RZqWTcej0
女「(覚悟していた)」

女「(私はきっと酷く虐められるのだろう、と)」

女「(けれど、男くんがイケメン達のグループに入ってから、段々虐めがソフトなものになっていった)」

女「(それどころか、いつの間にか男くんがイケメン達のグループの中心になっていた)」

女「(いったい、どういうことなのだろう)」


イケメン「男ぉ、ちょっと聞いてくれよぉ」

男「またなんかやらかしたのか?」

イケメン「いやさ、昨日ちょっとナンパしてたんだけど……」

男「だからそれを辞めろっつてんだよ! 尻拭いするのはどうせ俺なんだろ!?」

イケメン「わかってんじゃん、頼りになるぅ!」

男「お前、ちょっと痛い目見なきゃ駄目か?」

イケメン「いや、ほんの冗談だって、本気にすんなよ、な?」

男「ったく、貸し1だぞ」

イケメン「せんきゅ!」

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:24:41.60 ID:RZqWTcej0
女「(それでも、私への虐めがなくなったわけじゃない)」

女「(日常的に続けられる小さな虐めは、私の精神を徐々に削っていった)」

女「(……もう、いやだなぁ)」

女「(学校、行きたくないなぁ……)」



男「そろそろ……かな」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:29:21.43 ID:RZqWTcej0
男「あのさ、お前らそろそろ下らないことやめろよ」

イケメン「な、なに言ってんの?」

チャラ男「そもそも下らないことってなにさ?」

男「女への虐め」


女「(自習の時間、唐突に男くんがそう切り出した)」

女「(私は胸が痛くて痛くて、どうしようもなくなってしまった)」


イケメン「な、なんで今更そんなこと言うんだよ?」

イケメン「だいたいお前、今まで何も言わなかったじゃんか!」

男「俺は今まで散々言ってきたはずだぞ、"あんなやつ放っておけ"ってな」

チャラ女「は? 意味分かんないんだけど」

男「意味わかんねーのはお前らだよ」

男「なんで寄ってたかって女のこと虐めてるわけ?」


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:36:20.45 ID:RZqWTcej0
チャラ女「それは……いろいろあんのよ! あんたには関係ない!」

男「関係あるよ。胸糞悪いんだ、このクラスの空気」

チャラ男「いやいやいや、そもそも悪いのは女だからさ」

男「まず第一に悪いのはお前らに決まってんだろうが!」

男「気にくわないことがあるなら一対一で話せよ!」

イケメン「いやなぁ、話したけど、女ちゃん取り付く島もない感じでさぁ」

男「だったら多数で虐めるのか? それは短絡的なんじゃないのか?」

イケメン「それは……」

男「何か問題があって、それが解決できなかったなら俺に言えよ」

チャラ男「いや、そのとき男とはつるんでなかったからねえー」

男「だから今言え」

イケメン「男……」

男「俺がなんとかするから、俺に相談してくれよ」

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:39:51.72 ID:RZqWTcej0
チャラ女「うるっさいなぁ!」

男「……」

チャラ女「さっきから聞いてたらなんなの!?」

チャラ女「あんた本当に自分なんかがなんとか出来るって思ってるわけ?」

チャラ女「そうやって干渉されるの正直ウザいんですけど!」

チャラ男「そうだなぁ、そんな熱いキャラだと思ってなかったわ」

チャラ男「正直、もう無理?」

イケメン「良い奴ではあるけど、ちょっとでしゃばりすぎだな」

男「……」

124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:44:08.56 ID:RZqWTcej0
女「(嬉しかった)」

女「(男くんが私のために行動してくれたことが、とても嬉しかった)」

女「(そんな資格、ないのに)」

女「(嬉しすぎて、濡れた)」

女「(だけど、男くんがまた虐められそうになっている)」

女「(それは嫌だ)」

女「(それだけは、絶対に嫌だ、と思った)」


男「……慣れてんだよ」

チャラ男「あ?」

男「うざい、なんて言われ慣れてんだよ」

男「俺はいつも過干渉で、誰かにウザがられてばっかだったけど」

男「それを直すために、高校では猫被ろうと思ってたけど」

男「でもやっぱ駄目だ」

男「俺は俺のやりたいようにやる」

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:49:44.46 ID:RZqWTcej0
男「なぁ……俺、お前らのことかなり助けてやったよな?」

チャラ女「だからなに? 今更そんなことで許してやったりしないけどね」

男「いやいや、そういうことじゃなくてな」

男「俺は俺なりにお前らと深く接してきたつもりなんだよ」

チャラ男「だからぁ、お友達やるにしても一線超えちゃだめでしょ?」

男「まあ、お前らが愛すべきバカだってのは俺も分かってる」

チャラ女「さっきからなに言ってるわけ?」

男「いや……俺の"お母さん"の話なんだけどさ、なぁ、イケメン?」

イケメン「お、おまっ、そ、それは俺とお前だけの!」

男「いやいや、俺の話だよ? 何焦ってんだよ?」

イケメン「お前なぁ……」

チャラ男「はぁ?」

男「まだ分からねーのか」

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:51:59.36 ID:RZqWTcej0
男「ここにボイスレコーダーがあります」

男「チャラ男、チャラ女、ちょっとこっち来い」

チャラ男「なんだよ……」

チャラ女「え? え?」

男「はいはい、ちょっとこっち来ような」ガラッ


・数分後

男「OK?」

チャラ女「は、はひ」

チャラ男「お、おういぇ」

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 00:57:06.66 ID:RZqWTcej0
男「昔、馬鹿正直にぶつかっていて、後悔した経験があるからさ」

男「今回はちょっと卑怯な手を使わせて貰った」

イケメン「……でも、さ。そういう事情を探るために俺たちと仲良くしてたんだったら、俺は」

男「バーカ。俺は好きでもない奴のこと、助けたりしねーよ」

男「俺はお前らと今後も仲良くしていきたいって思ってる」

男「これからも、お前らが困ってたら、俺は全力で助けてやるよ」

男「だから、俺が助けたいと思えるような人間で居て欲しいんだ」

イケメン「……熱すぎだろ」

男「おまけにウザいだろ?」

イケメン「ああ、ウザくてウザくてしょうがねーよ」

イケメン「でもまぁ……そういうのもいいかな」

男「お前らも分かったか?」

チャラ男「あ、ああ……」

チャラ女「……///」



147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:01:58.90 ID:RZqWTcej0
女「(後日、男くんは、イケメン達と話し合う場を設けてくれた)」


女「ごめんなさい……あの時は、男くん以外の男性に触られたことが嫌で……」

イケメン「どんだけモテてんだよ男は……」

女「チャラ男くんも、酷いこと言ってしまってごめんなさい」

チャラ女「いやぁ、こいつはチャラいだけだからいいのよ」

チャラ男「なんで!?」

女「ふふっ」


女「(男くんのおかげで、色々なことを前にすすめることができた)」

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:06:23.38 ID:RZqWTcej0
女「男くんは……どうして私なんか助けてくれたの?」

男「お前を助けた? 自惚れるなよ」

女「ご、ごめん」

男「俺は、虐めが嫌だったんだ」

女「……ごめん」

男「あー、嫌味言ってるわけじゃないんだ」

女「……うん」

女「男くんは、強いね」

男「そうかな」

女「私達に虐められてる時も、なんでも無いような顔してたし…」

男「ほんとはすげー辛かった」

女「ご、ごめん」

男「謝るの禁止な」

女「ごめ……うん」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:09:45.51 ID:RZqWTcej0
女「そういえば、あの時言ってたお母さんって、なんのこと?」

男「ん? ああ、イケメンの弱みっていうか、な」

女「……男くんって意外と腹黒い?」

男「俺も学習したんだよ」

男「あ、もうこいつどうしようもねえや、って呆れられるくらいに、しつこく相手に向きあおうってな」

女「学習の方向が間違ってるんじゃないかなぁ」

男「そうか?」

女「そうだよ。……ふふっ」

男「……はは」


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:13:00.68 ID:RZqWTcej0
女「でも、相手の弱みを握って言うこと聞かせるって、ちょっと狡くない?」

男「ああ、そのことなら大丈夫だ。どうせ……」


女「(男くんは、イケメン君たちが隠していた"弱み"をクラスに馴染ませ始めた)」

女「(具体的に言えば……)」

女「(イケメン君の異常なほどのマザコン)」


イケメン「あ? 母親が好きでなにが悪いんだよっ!」


女「(今では立派にクラスで開き直っている)」

女「(今までなら受け入れられなかったであろう、そんなイケメンくんの素顔も)」

女「(男くんの腹黒い政治術によってすっかり受け入れられていた)」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:16:07.35 ID:RZqWTcej0
女「(たとえば、チャラ女のファンシー趣味)」


チャラ女「うにゃぁ……ネズミィちゃんきゃわわ!」


女「(もはやキャラが崩壊している)」

女「(最近はチャラい格好をやめて、服装までファンシーになってきているようだ)」


チャラ女「ありがとう男くん! 私、男くんのおかげで本当の自分をさらけ出せた気がする!」

男「そうかそうか、でも学校にぬいぐるみを持ってくるのは辞めような?」

チャラ女「これはぬいぐるみじゃないよ! ナンシーちゃんっていう名前があるの!」

男「あ、そう……」

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:18:52.63 ID:RZqWTcej0
女「(たとえば……チャラ男くんの……えと……///)」


チャラ男「男、好きだ」

男「ごめんなさい」

チャラ男「俺は何度断られたって諦めないぜ?」

男「以前の軽薄なお前はどこに行ってしまったんだ……」

チャラ男「お前が解き放ったんだろ? 隠されていた俺の素顔を……さ」

男「うざっ!?」

チャラ男「男ぉ~!」


女「(私的にはイケメンくん×男くん、かなぁ?)」



163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:25:00.95 ID:RZqWTcej0
女「(そして、私たちのクラスで自分の素性を隠している人はいなくなった)」

女「(そのせいで、他のクラスの人たちから変態クラス、なんて呼ばれているけれど)」

女「(男くんが頑張った結果であるこのクラスが、私は大好きだ)」


幼馴染「おっとこぉー! 一緒に帰ろ!」

男「ん、ああ、帰るか」

幼馴染「えへへ、一緒に帰るの、久しぶりだね?」

男「ああ、今まで忙しかったからな」

幼馴染「……頑張ったね?」

男「……ありがとな」

幼馴染「偉いよ、男」

男「ま、お前よりはずっと偉いさ」

幼馴染「……ほんとに、ね」

男「そこはギャグで返すところだろ?」

幼馴染「……ねえ、男」

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:27:54.14 ID:RZqWTcej0
幼馴染「今回も、自惚れちゃだめかな?」

男「幼馴染……」

幼馴染「男が、私のためにクラスの雰囲気を良くしてくれたんだ、とか」

幼馴染「そんな風に、思っちゃ駄目かな?」

男「……もちろん、それもあるけどな」

幼馴染「それ"も"じゃ……嫌だよ」

男「幼馴染、お前……」

幼馴染「ねえ、男、私ね……私っ」

175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:32:32.88 ID:RZqWTcej0
女「ちょぉーーーっと待ったぁぁぁあああああああああ!!!!」

男&幼馴染「「!?」」

女「ぐぬぬぅ、二人してイチャコラしてぇ!」

男「お、女?」

幼馴染「むぅ……」

女「これからは私も一緒に帰るから!」

男「な、なに言ってるんだ? お前、家の方向真逆じゃないか」

女「真逆ってことは進行方向にあるってでしょ!?」

男「お前は帰宅の旅に地球一周する気なのか!?」

幼馴染「むぅぅ……男、行こっ」

男「うおっ、引っ張るなよ」

女「! 幼馴染ちゃんズルイ!」

幼馴染「狡くないよっ! 男は私のだもん!」

女「はい却下! それ却下です!」

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:37:24.89 ID:RZqWTcej0
男「お前らなぁ……」

女「男くんっ!」

男「はひっ!?」

女「好きです!」

男「ふぇ……?」

幼馴染「ぁぁぁああああああ!」

幼馴染「ずるい! 私が言おうと思ってたのに! 私のほうが男のこと好きなのにっ!」

女「後者は聞き捨てならない! 私のほうが男くんのことを"愛して"いますぅー!」

幼馴染「むっきぃー! 私の方がちょー愛してるもん!」

女「"ちょー"なんて俗っぽい言葉でしか愛の大きさを表現できないですかぁ?」

幼馴染「なによなによなによぉー!」

男「な、なんなんだぁ……?」

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:42:43.16 ID:RZqWTcej0
チャラ男「俺も、お前のことを愛しているぜ」

男「なんかきた」

チャラ女「男くぅーん! ナンシーが腕に怪我しちゃったのぉ! 今から家に来て治療して! ついでに私のことも治療して!」

男「無理」

イケメン「男ぉ、聞いてくれよ、ママが再婚するって言っててさぁ……」

男「いったいどこから湧いてくるだよお前ら!?」

モブ子「男くんの愛波動が私の暗黒粒子と共鳴したの」

男「それは凄いっすねえ」

女「男くん! これからデートしよう!」

幼馴染「男、こんなの放っといて私の家に行こっ!」


男「というわけで、皆仲良しこよしになりました」


無理やりEND

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:43:21.17 ID:wX7W/SWZ0
お、おう…
なんだこの終わり方
とりあえず乙

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:44:17.09 ID:OTzXbHfE0
萎えるこというから無理矢理終わらせたか……まぁ、乙

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/01(水) 01:47:01.78 ID:D3+9chW9O
乙 最後はアレだったがなかなかよかった

197 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2012/02/01(水) 01:47:49.32 ID:zCXlNcVa0
良かったよ
おつおつ