16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 14:02:19.35 ID:po5hM4Lc0
桐乃「え、加奈子アンタ処女じゃないの?」 

加奈子「ったりめーじゃん!いまどき処女なんてめんどくせーもん、みんな小学校に捨ててきてるぜぇー」 

桐乃「いやいや、流石に小学生はないって」 

加奈子「え?キリノ?まさか処女なの?」 

桐乃「!」 

加奈子「いやー、まさかぁー、モデルもやっててー、陸上部のエースでー、成績優秀なキリノがー?処女ー?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 14:05:09.99 ID:po5hM4Lc0
桐乃「いやー、そんなこと?あるわけ?ないじゃん?」

加奈子「いやいや、その反応おかしいって」

桐乃「おかしくないって、私処女じゃないよ?」

桐乃「仮に処女だとしてもすぐに卒業できるよ?」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 14:15:23.69 ID:po5hM4Lc0
加奈子「いや、いいってそんな強がりは」

桐乃「つよがってねーし!」

加奈子「それとも、なに?あの地味なかれしとー?ないわー」

桐乃「うるっさいわね!」

加奈子「そんなに、ぶち切れんなヨ・・・」

桐乃「と、とにかく・・・」

加奈子「」ハイハイ、桐乃は処女じゃなくて、仮に処女だとしてもすぐに卒業できるんだろ?

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 14:22:21.69 ID:po5hM4Lc0
あやせ「えっと、桐乃?教室で大声でそんなこと言うのは感心しないなぁ…」

桐乃「あ、あやせ?違うの!これは!」

あやせ「わかってる、わかってるよ。あの変態鬼畜野郎に襲われちゃったんだね」

桐乃「いや、その、ちが」

加奈子「あっれー?あやせ?桐乃の彼氏と知り合いなの?」

あやせ「彼氏?お兄さんと?やっぱりそうだったんだ・・・よし、ころs」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 14:27:42.02 ID:po5hM4Lc0
あやせ「今日は撮影があるからちょっと無理だけど、明日お兄さんと話し合うから・・・」

桐乃(やべえ、京介しぬかも)

あやせ「桐乃はもう心配しなくていいんだよ、これからは私が守ってあげるから」

桐乃「いや、だからね」

あやせ「大丈夫だから、じゃ明日桐乃の家に行くからね」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 14:32:36.45 ID:po5hM4Lc0
桐乃「というわけで明日あやせが来ます」

京介「いやいや、まって?なんで?」

桐乃「しょうがないじゃん、決まったことなんだし」

京介「俺、まきこまれてるだけじゃん。今回俺なにも悪くないじゃねーか」

桐乃(仕方ない、こうなったら)

桐乃「ねえ、助けて、おにいちゃーん」

京介「お前、それ全然可愛くねーからな」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 14:37:12.41 ID:po5hM4Lc0
桐乃「ふー」

京介「なにその”ヤレヤレ”みたいな態度」

桐乃「どのみち、あやせが来たら100%悪いのアンタになるからね」

京介「お前が処女かどうかで、俺が殺されなきゃいけないの?」

桐乃「まあ、あやせだし」

京介「つーかなに?お前非処女なの?」

桐乃「!!んなわけないじゃん!」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 14:42:04.42 ID:po5hM4Lc0
京介「そ、そうか」

桐乃「そ、そういえば、アンタはどうなのよ?」

京介「お、俺か?!」

桐乃「どうなの?」

京介「処女に決まってんだろ!何が悲しくて男が処女失わなきゃならんのだ!!」

桐乃「ちげーよ!!童貞かどうかきいてんの!!」

京介「え?いや、その、な・・・」

桐乃「・・・」

京介「黙秘する」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 14:46:45.37 ID:po5hM4Lc0
桐乃「アンタまさか、クソネコとヤったんじゃないでしょうね!!」

京介「やってねえよ!!!ヤる間もなくフラれたよ!!」

桐乃「うわ、キモっ!ヤる気満々だったんだ・・・」

京介「本人に言うなよ!!!」

桐乃「え?何それ?フリ?言えってこと?」

京介「ちげーよ!!ガチで!!今後めちゃくちゃ気まずくなるから!!」

桐乃「ふーん」

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 14:57:59.05 ID:po5hM4Lc0
桐乃「っていうかどうすんの?対あやせの作戦は」

京介「おまえがあやせに処女だって言えばいいんだろ?」

桐乃「アンタねえ、アタシが加奈子にどんだけ見栄張ってたか知らないの!?」

京介「知るわけねーだろ」

桐乃「処女バラすのはナシ」

京介「じゃーどうすんだよ」

桐乃「アンタが童貞だって言えばいいじゃん」

京介「黙秘」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 15:02:25.97 ID:po5hM4Lc0
桐乃「アンタ、ホントに非童貞なの・・・?」

京介「俺には黙秘権がある」

桐乃「無い」

京介「全否定かよ!」

桐乃「どっちなの?言いなさいよ!あやせに、アンタに襲われたから非処女ですって言うわよ!」

京介「自分の兄貴が童貞かどうかに、どれだけこだわってんだよ!!」

桐乃「・・・」

京介「わかったよ、言えばいいんだろ?」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 15:06:10.51 ID:po5hM4Lc0
京介「俺は、童貞じゃない」

桐乃「え…」

京介「これでいいだろ?」

桐乃「地味子と?」

京介「ちがう」

桐乃「ちがうの?じゃあ沙織?あやせ?加奈子?瀬菜ちー?」

京介「ぜんいん違う」

桐乃「じゃあ、誰だっていうのよ?」

京介「それは完全に黙秘する」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 15:08:41.07 ID:po5hM4Lc0
桐乃「もう寝る・・・」

京介「おい!対あやせの作戦はどうすんだ!」

桐乃「知らない!!アンタがなんとかして!!!」

京介「おい!!桐乃!!」

桐乃「バカッ!!!」

京介「・・・」

京介「なんだってんだよ・・・」

39 :予想はやめてほしいな:2012/01/26(木) 15:17:14.06 ID:po5hM4Lc0
京介「おはよ」

桐乃「・・・ッチ」

京介「はぁ…」

桐乃「アンタ、大丈夫なの?」

京介「まあ、俺が殺されようが、お前が困ることにはならねーようにするよ」

桐乃「あり・・・がと」

京介「ん?なんだって?」

桐乃「なんでもないっ!!」

京介「で、あやせ何時頃くんの?」

桐乃「メール来たからもう来るよ」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 15:22:13.04 ID:po5hM4Lc0
京介「え」

桐乃「もう来るって」

京介「バッカお前、そこは時間に余裕を持たせろよ!!」

桐乃「はあ?こんな時間まで寝てるあんたが悪いんじゃない!!」

京介「なんとか遅らせることとか、出来な」

ピンポーン

京介「って来たぁっ!!」

桐乃「はいはーい」

京介「なんでお前平気なの?」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 15:25:20.96 ID:po5hM4Lc0
桐乃「だって、守ってくれるんでしょ?」

京介「まあ、俺が出来る範囲でだな」

ピーン ポーン

桐乃「はーい、いまでまーす」

ガチャ

桐乃「さあ、入って」

あやせ「おじゃましまーす」

京介「よお、あやせ」

あやせ「こんにちは、お兄さん、今日はお兄さんに少しお話があってきました」

京介「おう」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 15:29:45.57 ID:po5hM4Lc0
あやせ「お兄さん、桐乃に手を、出しましたね?」

京介「だしてねーよ」

あやせ「昨日、学校で桐乃が言ってました。非処女だって」

京介「ほうほう、それで?」

あやせ「桐乃がそういうことをするなら相手はお兄さんしかありえません」

京介「なんでだよ!」

あやせ「桐乃がお兄さんのことを大好きだからじゃないですか」

京介「」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 15:32:20.56 ID:po5hM4Lc0
あやせ「最近の桐乃は、私と話すときにはお兄さんの話題が出てきます」

桐乃「ちょっあやせ!」

あやせ「桐乃は黙ってて!」

京介「兄弟なんだから、話題に出すぐらい普通じゃねーの?」

あやせ「いえ、以前はこんなこと全くありませんでした。





48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 15:37:53.11 ID:po5hM4Lc0
あやせ「以前、ありましたよね?桐乃の偽彼氏騒動」

京介「・・・ああ」

あやせ「最近の桐乃はそのことを話しますね」

京介「・・・へえ?」

桐乃「こっちみんな」

あやせ「それも、何回も何回も、デレデレしながら」

桐乃「はぁっ!?」

京介「桐乃・・・・・・?」

あやせ「桐乃ったら・・・」

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 15:45:11.07 ID:po5hM4Lc0
あやせ『・・・あのね、あのね・・・アタシが偽の彼氏を連れてきたらね、アイツね・・・』

桐乃「ちょっ、待って!黙ってあやせ!!」

京介「続けろ」

あやせ『この俺に認めさせてみろ!俺よりも桐乃を大切にするってことをな!!キリッって言っててね・・・』

京介「俺も恥ずかしくなってきた」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 15:47:57.45 ID:po5hM4Lc0
あやせ『だが残念だったな!俺の方が桐乃を大切にする!だからお前には桐乃をやらん!桐乃は俺のものだ!!ってね、言っててね、これってやっぱ、アイツ、あたしのことぉー・・・キャー♪』

京介「そこまで言った記憶ない」

桐乃「言ったし」

京介「俺のもの、とか言ってねえと思うけど」

桐乃「言った・・・と思う」

京介「自信無くなってんじゃねえか」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 15:52:59.96 ID:po5hM4Lc0
あやせ「続けても?」

京介「かまわん」

桐乃「やめて!!」

あやせ『でね、でね!アイツったらねケータイにね、アタシと撮ったプリクラ貼ってんだよ?きもくなーい?!

     あまりにキモかったからね、これ見て!アタシも貼っちゃったー、フヒヒ』

京介「お前、見せびらかすのはやめてくんねえ?」

桐乃「アンタだって」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 16:04:22.68 ID:po5hM4Lc0
桐乃「この間、瀬菜ちーのおにいさんと、どっちの妹が可愛いかで勝負してたらしいじゃん!」

京介「それは・・・その」

桐乃「しかも、アタシのかわいい写真今すぐ送ってくれ!ってメールしてきたし!」

京介「それは残弾が・・・」

あやせ「だから、どんな角度がいいか、私にうざいぐらい聞いてきたんだよね?」

京介「お前・・・」

桐乃「黙ってて」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 16:08:31.11 ID:po5hM4Lc0
桐乃「しかも、相手の妹がチューしたからってアタシにもしてほしそうな顔してたし!!」

京介「してねえよ!!」

桐乃「してた!」

あやせ「だから『今度したげよっかなー♪』って言ってたんだね」

桐乃「あやせぇえええ!!」

京介「精神的につらいから、本題に戻んない?」

桐乃「そうね!!そうしよ!」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 16:12:56.84 ID:po5hM4Lc0
あやせ「それは、もういいです」

桐乃「え?」

あやせ「桐乃が処女なんて私にはわかりきってますから」

桐乃「ええぇ?」

京介「ブハッ」

桐乃「笑うな!」

京介「いてぇっ!蹴るんじゃねー!!」

桐乃「うるさい!!」

あやせ「よく考えれば分かります。お兄さんが童貞な以上・・・」

京介「そこは黙秘する」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 16:17:32.74 ID:po5hM4Lc0
あやせ「お兄さん、童貞じゃないんですか・・・?」

桐乃「昨日コイツ童貞じゃないって言ってた!」

京介「てめえ桐乃!」

あやせ「お兄さん」

京介「ん?」

ガチャン

京介「あの?あやせさん?なんで手錠?」

あやせ「逃げないようにするためです」

桐乃「うわぁ…なんで手錠持ち歩いてんの・・・?」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 16:25:47.83 ID:po5hM4Lc0
あやせ「お兄さんに会うときはいつも持ち歩いてるよ」

桐乃「アンタと会うときはいつも・・・ねぇ・・・?」

京介「そんなに頻繁に会ってるわけじゃないぞ?」

桐乃「ふーん・・・」

桐乃「確認するけど、あやせに手出してないでしょうね?」

京介「出来るわけねーだろ手錠掛けられてんだぞ!」

あやせ「手錠掛けないといっぱいセクハラしてくるし・・・」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 16:30:23.38 ID:po5hM4Lc0
桐乃「アンタぁあぁぁああ!!」

京介「セクハラなんてしてねえ!!」

あやせ「はぁ?」

京介「・・・イヤぁ…まったくしてないとは言わないけども・・・」

桐乃「きょうすけぇぇええ・・・」

あやせ「でも最近桐乃はセクハラ許容してるよね?」

桐乃「そんなこと・・・」

京介「なに?おれが悪いの?」

あやせ「はい、節操無し」

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 16:39:27.18 ID:gke+u88X0
確かにあやせは女神と称えても遜色ない存在である。そこに異論はない。
だが女神と称えてしまうと俺とあやせとの間にいかんともしがたい距離ができてしまうことになる。
一方で安易に俺の嫁などと称えてしまえば馴れ馴れしさも甚だしく他者の余計な嫉妬を生む。
女神と称えるわけにもいかず、俺の嫁と称えるわけにもいけない。俺は大層悩んだ。
そして想到した。天使と称えるのはどうだろうかと。
天使ならば女神ほど遠くに感じることもなく他者の嫉妬を生むこともない。
上述の内容からもわかるように
俺は半端な考えであやせをあやせという名の天使と称えているわけではない。
だからこれからも胸を張ってあやせを天使と称えていこうと思うんだ。

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 16:39:42.37 ID:po5hM4Lc0
あやせ「話は戻りますけど、結局相手は誰なんですか?」

京介「だから言わねえっつの」

桐乃「教えなさいよ!!アタシの知ってる人?」

京介「だから黙秘するって」

あやせ「仕方ないですね・・・援軍を呼びましょう」

桐乃「誰呼ぶの?」

あやせ「おねーさん」

桐乃「まあ・・・有効ね・・・」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 16:46:57.98 ID:po5hM4Lc0
麻奈実「こんにちはー」

あやせ「すみませんお姉さん、急にお呼び立てしてしまって」

麻奈実「ううん、全然いいよ。受験勉強の息抜きにもなるし」

あやせ「ありがとうございます」

麻奈実「ところで・・・京ちゃん?」

京介「なんだ?」

麻奈実「どうして、京ちゃんは手錠をかけられてるの?」

京介「なんでこうなったかなー」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 16:54:03.53 ID:po5hM4Lc0
あやせ「ところで、お兄さんが非童貞な件について話しましょうか」

麻奈実「え?きょうちゃん?」

京介「なんだ?」

麻奈実「誰?相手は?」

あやせ「お姉さんでもないんですね・・・」

麻奈実「きょうちゃんのお母さんに言いつけるよ?」

京介「イヤすぎる・・・」

桐乃「あなたの息子さんが非童貞なんですが・・・って言うの?すげえ…」

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 17:05:32.10 ID:po5hM4Lc0
麻奈実「お友達にいっぱい聞かなきゃいけなくなるよー?」

京介「脅しか・・・」

あやせ「仕方ない」

シュボッ

京介「あつい!手錠を炙るな!!!」

桐乃「早く言いなさいよ!!」

桐乃「アタシには彼氏作らせないクセに!自分だけ童貞卒業?ふざけんな!!」

桐乃「せめて相手ぐらい教えろ!!!」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 17:09:25.03 ID:po5hM4Lc0
京介「おしえてどうなる?」

桐乃「決まってんじゃない!アンタと同じことをする!!」

京介「相手に殴りかかって威勢よく叫ぶのか?」

桐乃「アンタね、自分だけ勝手なこと言ってんじゃないわよ!!!」

京介「断言してやる、相手を知ったら、ものすごくフワフワした感じになるぞ・・・」

桐乃「・・・はぁ?」

京介「相手はな・・・」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 17:12:54.01 ID:po5hM4Lc0
京介「御鏡だ」

桐乃「え?」

京介「御鏡 光輝だ」

桐乃「え?なんで?」

麻奈実「男の人?」

あやせ「御鏡さんってあれだよね?デザイナーでモデルの・・・」

京介「襲われたんだ・・・無理やり・・・レイプされた」

京介「いや、逆レイプか・・・」

桐乃「あの・・・なんかゴメン」

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 17:27:25.95 ID:po5hM4Lc0
京介「偽彼氏騒動の後だった

    御鏡は桐乃に利用されただけの人のいい奴だと思っていた

    何度か一緒に遊ぶうちに

    気も合うようになった」

桐乃「・・・」

京介「そして、ある時一線を越えた・・・

    アレはいっしょにゲーセンに行った時・・・・・・」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 17:31:10.87 ID:po5hM4Lc0
御鏡「いいじゃないですか、京介くん、一緒にとりましょう」

京介「やめろ、何が悲しくて、男とツーショットでプリクラなぞとるんだ」

御鏡「そんな・・・初めてできた友達なのに・・・」

京介「そんな潤んだ瞳でこっちみんな」

御鏡「じゃあ、とってくれますか?」

京介「しょうがねえなあ」

御鏡「そうと決まれば早速とりましょう!早く早く!」

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 17:34:55.81 ID:po5hM4Lc0
御鏡「ほら、京介くん、僕のココがこんなに」

京介「や、やめろって///」

御鏡「そうはいいつつも目が離せないようですよ」

京介「これは・・・その・・・」

御鏡「イヤなんですか?」

京介「イヤに決まってるだろう!」

御鏡「うそですね」

京介「っな・・・」

御鏡「京介くんはイヤならここから逃げ出すこともできる」

124 :せっかくホモで書き溜めたのに・・・:2012/01/26(木) 17:44:35.73 ID:po5hM4Lc0
京介「それからのことは、いや・・・もうやめておこう」

桐乃「ごめん、ごめんねぇ・・・」

麻奈実「きょうちゃん、つらかったね」

あやせ「ごめんなさい」

京介「いや、いいんだ・・・」

あやせ「桐乃、お兄さん、今日はもうかえりますね・・・」

麻奈実「わ、わたしも・・・」

京介「うん、気をつけてかえれよ・・・」

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 17:50:55.40 ID:po5hM4Lc0
桐乃「もう御鏡さんに会えなきゃいいでしょ・・・」

京介「困ったことにアイツゲー研の連中とも知り合いなんだ・・・」

桐乃「じゃあ、そのゲー研の人に相談すれば・・・」

京介「そもそも、ゲー研は黒猫のために入ったもんだし、相談に乗ってくれる奴なんていねえよ」

桐乃「じゃあ瀬菜ちーは!」

京介「アイツが!!一番!喜んじまうだろうが!!」

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 17:53:50.14 ID:po5hM4Lc0
桐乃「ですよねー」

京介「だから、おれはもう忘れることにしたんだ・・・できればお前も蒸し返さないでくれ・・・」

桐乃「うん、わかった」

京介「助かるぜ」

桐乃「あとさ・・・」

京介「なんだ?」

桐乃「やり直さない?」

京介「何を?」

桐乃「アンタの初体験・・・」

京介「」

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 18:01:10.33 ID:po5hM4Lc0
京介「な、ななななにいってんだ!!お前!!」

桐乃「いいじゃん、アタシだって処女なんて捨てちゃいたいし、アンタは女の子と出来てうれしいでしょ?」

京介「でも、そういうのはs」

桐乃「それに!!アタシ!アンタのこと!大好きだし!!」

京介「え」

桐乃「・・・・・・・・アンタはどうなのよ・・・?」

京介「俺も、お前のことが好きだ・・・」

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 18:03:31.74 ID:po5hM4Lc0
京介「でもな・・・」

桐乃「・・・なによ、妹の偽彼氏とはヤって、妹とは出来ないっていうの?」

京介「いや、それ以前の問題なんだ・・・」

桐乃「はあ?」

京介「アイツに襲われてから・・・勃たないんだ」

桐乃「」

京介「精神的にキちまって・・・勃たなくなっちまったんだ・・・」

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 18:11:59.85 ID:po5hM4Lc0
桐乃「な、治す!」

京介「テキトーなこと言ってんな・・・」

桐乃「う、うるさい」

京介「無理だと思うぞ・・・」

桐乃「なんで?」

京介「以前から溜めてたエロ本にもハイパー兵器は反応しなくなった・・・」

桐乃「ふふふ・・・自信があるわ!アタシのテクでアンタのハイパー兵器を勃たせるわ!」

京介「処女のくせに何言ってんだ・・・」

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 18:20:17.78 ID:po5hM4Lc0
桐乃「アンタ、妹モノのエロ本は持ってなかったでしょ?」

京介「ああ、ってなんで知ってんだ?」

桐乃「なら、試してみる価値はある!」

京介「おい、スルーすんな」

桐乃「じゃ、ちょっと脱いで・・・///」

京介「え、早速?」

桐乃「今なら二人っきりだし、お父さんもお母さんも夜まで帰ってこないし・・・」

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 18:27:25.72 ID:po5hM4Lc0
桐乃「脱いで?」

京介「ああ、って、ん?」

桐乃「あ、手錠・・・」

京介「あやせぇ・・・」

桐乃「じゃ、脱がせてあげる・・・///」ズル

京介「まっ」

桐乃「待たない」

京介「ちょっ」しな~

桐乃「・・・」

桐乃「失礼じゃない?」

京介「スマン」

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 18:37:05.89 ID:po5hM4Lc0
桐乃「こんなんなってんだ・・・」

京介「マジマジ見るなよ・・・」

桐乃「ど、」

京介「ん?」

桐乃「これから、どうすればいいの?」

京介「」

京介「こすったり、舐めたり、はさんだり・・・」

桐乃「そ、そっかー」

京介「なんなのお前意外とウブなの?」

桐乃「実物目の前にすると、エロゲ知識が飛んじゃって」

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 18:48:57.40 ID:po5hM4Lc0
桐乃「」

ふにゃ ふにゃ

桐乃「アンタも協力してよ」

京介「んなこと言っても意識しても勃たねえし・・・」

桐乃「ムカつく・・・」

京介「仕方ないだろ・・・」

桐乃「御鏡さんに負けた感じ・・・」

京介「ベクトルが違うだろ・・・」

桐乃「むう」

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 18:50:49.95 ID:A2EY9hFJ0
鍵解くの忘れてたあやせたんが帰ってきて何やかやで混ざっちゃう展開マダー

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 18:55:50.08 ID:po5hM4Lc0
桐乃「そう!ムードが足りない!」

京介「この状況でムードとか、無理だろ・・・」

桐乃「こういうときは・・・キス・・・とか・・・して・・・」

京介「はあ・・・」

桐乃「目、閉じてよ・・・」

京介「あ、ああ」

桐乃「チュッ」

桐乃「ど、どう?」

京介「どう?って言われても・・・こういうときはディープキスとか・・・じゃねえの?」

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 19:05:46.69 ID:po5hM4Lc0
京介「こういう風になっ」

桐乃「んっ///」

桐乃「はうっ・・・ンっ・・・ッチュ・・・・・・・・・・・・はぁはぁ」

桐乃「っふぁぁあ・・・」

京介「おい・・・大丈夫か・・・」

桐乃「ん、スゴイ・・・」

京介「おーい」

桐乃「もう一回・・・ねえ、お願い・・・」

京介「ああ・・・」

195 :本番は考えてないけど、無しでいい?:2012/01/26(木) 19:19:02.56 ID:po5hM4Lc0
桐乃「んー・・・おにーちゃん・・・」

京介「なあ」

桐乃「なぁに?」

京介「お前一人で満足してんなよ・・・」

桐乃「・・・ハッ!」

桐乃「ち、違うの・・・」

京介「」

桐乃「ごめんなさい・・・チューが気持ち良すぎて・・・」

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 19:33:52.60 ID:po5hM4Lc0
京介「まぁ、俺も気持ち良かったし・・・」

桐乃「ねえ」

京介「なんだ・・・」

桐乃「硬くなってる・・・///」

京介「お、お・・・」

桐乃「・・・///」

京介「かえってきたか、息子よ・・・」

桐乃「ねえ?」

京介「なんだ?」

桐乃「さわっていい?///」

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 19:42:09.53 ID:po5hM4Lc0
京介「・・・いいぞ・・・」

桐乃「ん」

さわっ さわっ

京介「なあ、桐乃」

桐乃「なに」

京介「もっと強くこすってくれ」

桐乃「ん、痛くない?」

京介「ああ、いいぞ」

桐乃「すご・・・どんどん硬くなってく・・・///」

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 19:50:10.72 ID:po5hM4Lc0
桐乃「舐めてみてもいい?」

京介「ああ、歯は当てないでくれよ」

桐乃「ん・・・おっきぃ・・・///」

京介「ああ、いいぞ・・・」

京介「ちょっと、上下に動かしてくれ・・・」

桐乃「んっ」

京介「あ、やばい・・・出そうだ」

桐乃「んっんっ///」

京介「出るっ!」

桐乃「んっ!っんんーー!!!」

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 19:55:01.05 ID:UAHkkmzB0
出るの早すぎだろw

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 20:00:40.00 ID:po5hM4Lc0
桐乃「うわっ///」

京介「ふぅ・・・」

桐乃「こんなに出るんだ・・・」

京介「しばらくインポだったからな・・・」

桐乃「アタシにも、シて?」

京介「ああ、パンツ脱げ」

桐乃「うん///」

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 20:16:19.30 ID:po5hM4Lc0
桐乃「舐めて・・・」

京介「こうか」

桐乃「っふぁあ///」

京介「ん」

桐乃「もっと・・・」

京介「これでもいっぱいいっぱいなんだが」

桐乃「もっとぉ…///」



234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 20:25:27.39 ID:po5hM4Lc0
桐乃「ねえ」

京介「なんだ」

桐乃「アタシの処女・・・もらって?///」

京介「まかせろ」

桐乃「優しくしてよね・・・」

京介「わかってるさ」

桐乃「じゃあ、いれるから・・・///」



265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:25:50.45 ID:po5hM4Lc0
桐乃「zzz」

京介「寝ちまったか・・・」

京介「幸せそうな顔しやがって・・・」

京介「つーか・・・妹とヤっちまったなぁ・・・」

桐乃「んー」

京介「・・・」

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:28:21.35 ID:po5hM4Lc0
京介「桐乃、お前のおかげで俺の世界はずいぶん広がったよ」

京介「きっかけは、まあアレだったけど」

京介「黒猫や沙織にも会えた」

京介「本当にありがとうな・・・」

桐乃「あんまり・・・恥ずかしいこと言わないでよ・・・」

京介「やっぱり、起きたか・・・」

京介「ずっと、ほっておいてごめんな・・・」

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:30:02.89 ID:ZZ6bPJvN0
エロとばすなぁぁぁぁあ

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:33:48.87 ID:po5hM4Lc0
桐乃「もう、いいの」

京介「そっか」

桐乃「・・・で、さ」

京介「ん」

桐乃「ギュって、抱きしめて欲しいんだけど・・・」

京介「それは・・・ちょっと」

桐乃「い、いやなの?」

京介「手錠・・・」

桐乃「むー・・・」

桐乃「あ、あやせからメール来てる」

京介「なんて?」

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:41:13.59 ID:po5hM4Lc0
あやせ『カギ渡しに行こうと思うんだけど、お兄さん大丈夫?』

京介「大丈夫って送っとけ」

桐乃「ん、了解」

桐乃「・・・送信っと!」

京介「そういやさあ」

桐乃「ん?なに?」

京介「あやせにバレたらどうしよう?」

桐乃「ああー、まぁ大丈夫じゃない?」

京介「ダメだろ、殺されるぞ俺」

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:46:24.80 ID:po5hM4Lc0
桐乃「ん、返信来た」

京介「お」

桐乃「『お姉さん家にいるから、すぐ行くね』って」

京介「やっと、外せるな・・・」

桐乃「外れたらさ・・・」

京介「ん?」

桐乃「ギュってしてね・・・」

京介「ああ、わかってるよ」

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:50:31.06 ID:po5hM4Lc0
ピンポーン

京介「早いな」

桐乃「出てくるね」

京介「あいよ」

ガチャ

京介「手ぇいてえな」



285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 21:53:39.89 ID:po5hM4Lc0
ガチャ

桐乃「やっほ」

あやせ「またお邪魔するね」

桐乃「うん、あがったあがってー」

あやせ「ねえ桐乃」

桐乃「ん?」

あやせ「お兄さんちゃんと立ち直ってる?」

桐乃「もう大丈夫っぽい」

あやせ「ねえ桐乃」

桐乃「?」

あやせ「桐乃からお兄さんのにおいがするんだけど、どうして?」

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:01:33.99 ID:po5hM4Lc0
桐乃「えっと、兄貴の部屋で慰めてたから・・・かな?」

あやせ「お兄さんの部屋はこっちだよね」

桐乃「ちょっと、まってあやせ!」

あやせ「なに?」

桐乃「目、怖いよ」

あやせ「ええ?そんなことないよ?」

ガチャ

あやせ「おにーさん、お待たせしました」

京介「おお、あやせ待ってたぜ」

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:04:35.10 ID:po5hM4Lc0
あやせ「ところで、お兄さん、桐乃に手を出したそうですね?」

京介「おい!!桐乃!!さっそくバレてんじゃねえか!!」

桐乃「ちょっバカッ!!」

あやせ「ふーん」

京介「あれ?」

あやせ「やっぱり、手を出したんですね?」

京介「まさか」

あやせ「カマかけちゃいました、テヘッ★」

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:20:11.83 ID:po5hM4Lc0
あやせ「おにいさん」

京介「はい、あやせさん、なんでしょうか?」

あやせ「何か言い訳はありますか?」

京介「桐乃、いままでありがとうな・・・」

あやせ「言い訳は無いんですね。さよならお兄さん」

桐乃「まって!!あやせ!!」

あやせ「なあに桐乃?」

桐乃「アタシが、その・・・誘ったのよ!!」

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:32:39.88 ID:po5hM4Lc0
あやせ「桐乃、かばわなくていいんだよ」

桐乃「ほんとに、違うのあやせ、EDになったって言うから治そうと思って」

桐乃「途中からムラムラきちゃって」

京介「ムラムラいらなくない?」

あやせ「ふーん、そうなんだ」

桐乃「うん・・・」

あやせ「でもおにいさんは拒否することはできましたよね?」

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:38:21.61 ID:po5hM4Lc0
桐乃「いや、手錠掛けてたし・・・」

あやせ「ほんきで抵抗すれば、桐乃だって諦めるはずです」

京介「出来るわけねえだろっ・・・!」

桐乃「」

京介「あんなに可愛くすり寄ってくる桐乃を拒絶することなんて、出来ないっ!」

桐乃「お兄ちゃん・・・///」

あやせ「いいたいことはそれだけですか?」

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:42:34.13 ID:po5hM4Lc0
あやせ「兄弟でエッチなことをするなんて、頭おかしいんじゃないですか?!!」

京介「ふざけるな・・・」

あやせ「なんですか?」

桐乃「京介・・・」



京介「ふざけるなよ!兄妹でセックスして何が悪いんだ!」




あやせ「」

桐乃「」

328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 22:59:36.49 ID:po5hM4Lc0
あやせ「悪いに決まってるじゃないですか!!」

京介「なぜだ?!何故悪いと言える?!」

あやせ「そんなの決まってるじゃないですか!!」

京介「愛するふたりが愛を確かめ合うことの何が悪い!!」

桐乃「///」

あやせ「」

京介「昔言ったが、もう一度言っておこう」

京介「俺は!!妹が!!大好きだぁぁあああ!!!」

332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:08:25.30 ID:po5hM4Lc0
あやせ「桐乃、いやじゃなかった?」

桐乃「ううん、全然。むしろ、心地よかった、すごく」

京介「今更恥ずかしくなってきた・・・」

あやせ「ふー」

あやせ「本人が嫌がってないなら、私にはどうにもできません・・・」

桐乃「・・あやせ」

あやせ「でも、桐乃が嫌がったりしてたら。消しますからね・・・」

京介「消すって・・・」



334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:12:06.88 ID:po5hM4Lc0
あやせ「私も、その辺の男に桐乃を取られるぐらいなら、お兄さんの方がマシですから・・・」

京介「あやせ・・・」

あやせ「マシってだけですからね」

京介「厳しいな・・・」

あやせ「桐乃のこと、大事にしてあげてください」

京介「ああ、世界で一番大事にする自信があるぜ」

あやせ「ふふ、なら安心ですね」

桐乃「///」

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:15:57.00 ID:po5hM4Lc0
あやせ「じゃあ、私もう帰りますね・・・」

桐乃「うん、ありがとね、あやせ・・・」

あやせ「ちゃんと避妊はしてね」

桐乃「うん」

京介「生々しいこと言うな」

あやせ「じゃあ、また学校でね桐乃」

あやせ「お兄さん、またね」











京介「あ、あやせ!!手錠外してくれ!!」

336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:16:56.92 ID:nIWi2/BM0
忘れてたwwww

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:18:51.25 ID:po5hM4Lc0
こんな感じで終わります

乗っ取りで書くのは難しいですね

エロシーンについてはスイマセン

ガチで童貞なもので・・・

ホモならかけるんですが・・・



また機会があったらなにか書きたいです

長い時間見てくれた方々ありがとうございました

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:22:00.65 ID:nIWi2/BM0
>>337
ホモなら書ける・・・つまり非処女ですね
わかります



339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:20:06.91 ID:PHcczT7UO

良かった

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:20:26.89 ID:qAGClHnu0


343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:22:22.72 ID:T/9v/VaF0


だからなんでホモなら書けるんだよ!

349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:35:09.18 ID:glL/xBVBO
おつ面白かった
今度はホモセックスのも見てみたいな

352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/26(木) 23:48:49.91 ID:dS5cN6tJ0
あやせがいらない子と、知らしめる事ができて、すごく満足した。乙