1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 19:54:48.85ID:mRpullhe0
岡部「フゥーッハハハハ! 助手よ! 未来ガジェットの発明について相談に乗るがいい! わからん事が…」 

紅莉栖「うるさい、喋りかけないで」 

岡部「な… い、嫌とは言わせんぞ! これはラボメン命令なのだからな!」 

紅莉栖「黙れって言ってるの いい加減にして」 

岡部「お、おい、クリスティーナ…? なにか怒らせるような事をしたか?」 

紅莉栖「うるさい! 黙れ! 話しかけるな!」 

岡部「…」 
7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 20:02:07.72ID:mRpullhe0
岡部(おかしい… どういうことだ… リーディングシュタイナーは発動していないから世界線を移動した訳ではない… ならば何故? やはり何か怒らせる事を? こういう時はどうすれば? 謝る? そうだ謝ろうきっと許してくれる)グルグル 

紅莉栖(焦ってる岡部可愛いよぅ…) 

岡部「く、クリスティーナよ! すまなかった! 許してくれ! この通りだ!」 

紅莉栖「…何が?」 

岡部「は?」 

紅莉栖「自分のどこが悪いかわかって言ってるの? 謝れば許してもらえると思ってるの? 本当に最低 良いからもう話しかけるな」 

岡部「…」 




10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 20:07:24.76ID:mRpullhe0
岡部(どうすれば、どうすれば良いんだ… 助手は何故起こっている? 覚えがない わからない わからないんだ…)ダラダラ 

紅莉栖(あああ~ 岡部可愛いよぅ岡部可愛いよぅ ごめんね? こんな事して でも岡部が可愛すぎるのが悪いんだよ?) 

岡部「く、クリスティーナよ… 悪いところがあったなら教えてくれ 頼む」 

紅莉栖「…」 

岡部「クリスティーナ…?」 

紅莉栖「…」 

岡部(無視…だと…) 




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 20:12:22.95ID:mRpullhe0
岡部(もうダメなのか… 俺は紅莉栖に嫌われて… 嫌わ、れ…?) 

紅莉栖「…」 

岡部(い、嫌だ… 紅莉栖に嫌われるなんて… 嫌だ… でも… どうすれば良いんだ…)ジワッ 

紅莉栖(きゃああああ岡部が! 岡部が涙目になってるよぅ! 可愛い抱きしめたい!) 

紅莉栖「さっきから突っ立ってて鬱陶しいんだけど する事が無いなら出て行けば?」 

岡部「…すまん」クルリ 




21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 20:19:08.87ID:mRpullhe0
紅莉栖「謝らないでよ鬱陶しい」 

岡部「…んなんだよ…」 

紅莉栖「チッ なによ…」 

岡部「悪いところがあるなら言ってくれよ…!」ポロポロ 

紅莉栖「あんたの全てよ 見ててムカつくのよ」 

岡部「ぐっ、うぅ…」ボロボロ 




22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 20:19:46.48ID:PB2tw5Uh0
これは死ねる 




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 20:27:15.89ID:mRpullhe0
紅莉栖「こんな事で泣くなんて恥ずかしくないの? 情けない」 

岡部「うるさい! お前のせいだろうがぁ!」ポロポロ 

紅莉栖「自分の事を棚に上げてよくもぬけぬけとそんな事が言えるわね 最低」 

岡部「もう、許してくれよ… 俺が何をしたって言うんだよ…」 

紅莉栖「いーっつもぞんざいに扱ってるじゃない 人にされて嫌な事はしちゃいけないって言われなかったの?」 

岡部「それは、お前が…」 

紅莉栖「また人のせい? クズね」 




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 20:32:32.72ID:mRpullhe0
岡部「…全部、照れ隠しだったんだよ…」 

岡部「お前を前にするとついからかうような事を言ってしまったんだ…」 

岡部「全部、お前が… お前が好きだったからなんだよ!紅莉栖!」 

紅莉栖「キモい 死んで」 

岡部「」 




41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 20:36:36.64ID:mRpullhe0
岡部「は、ははは…」 

岡部「くっ… ふ、フゥーハハハ すまなかったな! く、クリスティーナよ!」 

岡部「…外に出てくる このラボには、もう来なくても良い …さらばだ」 

グイッ 

岡部「…?」 

紅莉栖「待ちなさいよ」 



言っておくけどマグマじゃないよ あとご飯食べたいよ 




55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 20:46:45.52ID:mRpullhe0
岡部「離せ、クリスティーナよ 今日は他のラボメンは来ないぞ 別れを言いたいなら明日にしろ 俺は来ないから、心置きなく…」 

紅莉栖「紅莉栖って呼べ」 

岡部「…? …紅莉栖」 

紅莉栖「…本当に、私が好きか?」 

岡部「…あぁ、好きだよ… もう良いだろう、手を離せ…」 

紅莉栖「待てといっとろーが」 

岡部「紅莉栖…?」 



ロールキャベツ食べる 




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 21:05:28.46ID:mRpullhe0
ドンッ 

岡部「うぉっ」 

紅莉栖「本当にバカね 逃がさないわよ」 

岡部「どけよ… 俺の事が嫌いなんだろう?」 

紅莉栖「そんな事一度も言ってない」 

岡部「だが、俺の全てが悪い、見ててムカつくと…」 

紅莉栖「嫌いだとは言ってないって言ってるでしょ バカ、大バカ」 




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 21:09:18.66ID:mRpullhe0
岡部「何を言って…」 

紅莉栖「まだわからないの? だからダメなのよ」 

岡部「…」 

紅莉栖「…わからないなら、わからせてやるわよ」 

岡部「なに?」 

紅莉栖「目を閉じろ口を閉じろ耳を塞げ」 

岡部「…わかった」 




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 21:10:00.02ID:mRpullhe0
紅莉栖「…大好き」 



チュッ 




73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 21:15:59.04ID:mRpullhe0
岡部「…今のは、アレ、だよな」 

紅莉栖「うるさい」 

岡部「顔が赤いぞ」 

紅莉栖「調子に乗るな このHENTAI」 

岡部「キスしたお前が言うか…」 

紅莉栖「いい加減にしないと無理やり黙らせるぞ」 

岡部「勘弁してくr、んう」 




76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 21:20:21.39ID:mRpullhe0
紅莉栖「…ぷはっ」 

岡部「…」 

紅莉栖「…なんか言え」 

岡部「黙れと言ったのはお前だろうに…」 

紅莉栖「うるさい これでわかったかバカ」 

岡部「あぁ…」 

紅莉栖「バーカバーカ」ギュウ 




83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 21:26:31.88ID:mRpullhe0
岡部「なぁ、紅莉栖」 

紅莉栖「…なによ」 

岡部「好きだ」 

紅莉栖「…ズルい」 

岡部「悪かったな」 

紅莉栖「ズルい もう少し冷たくすれば良かった もう一回泣け 泣きなさい 泣かす」グリグリ 

岡部「うぐぐやめてくれ」 




88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 21:34:07.56ID:mRpullhe0
紅莉栖「もう知らん 無視する 話しかけるな」 

岡部「じゃあ実力行使だな、っと」グイッ 

紅莉栖「きゃっ、き、急に起こs、ん、ふ、ぅっ」 

岡部「紅莉栖、好きだ」 

紅莉栖「…このHENTAI」 

岡部「お前が可愛すぎるのが悪い」 

紅莉栖「っ、うぅ~…」 




95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 21:45:49.83ID:mRpullhe0
岡部「お前は可愛い 大好きだ」 

紅莉栖「うー… さ、さっきの泣いてた岡部だって可愛かったもん!」 

岡部「な、何を言うかっ」 

紅莉栖「冷たくされて焦ってたくせにっ 無視されて涙目になってたくせにっ」 

岡部「そ、それは、お前に嫌われたかと…」 

紅莉栖「鈍感 ヘタレ バカ 厨二病」 

岡部「むぅ…」 

紅莉栖「嫌うわけ、ないでしょ…」 




98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 21:53:36.59ID:mRpullhe0
岡部「紅莉栖…」 

紅莉栖「…きよ」 

岡部「…聞こえないぞ」 

紅莉栖「っ、好きよ! 大好きよバーカ!」 

岡部「俺も、大好きだ」ギュウ 

紅莉栖「ぁっ、うぅ…」ギュウ 




101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 21:58:30.88ID:mRpullhe0
紅莉栖「…手、出さないのね」 

岡部「まぁな、紳士ってやつだ それとも何か? 手を出して欲しいのか? HENTAI少女よ」 

紅莉栖「…名前」 

岡部「む、く、紅莉栖よ…」 

紅莉栖「…出しなさいよ」 

岡部「ま、マジか…」 




105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 22:03:43.62ID:mRpullhe0
紅莉栖「マジよ! それとも私には手を出すほどの魅力もない!?」 

岡部「お、落ち着け紅莉栖 俺は、その、出したいのは山々なんだが…」 

紅莉栖「じゃあなによ…」 

岡部「その、どうすれば良いのかわからん…」 

紅莉栖「…童貞」 

岡部「ぐぬっ 仕方ないだろう!」 




106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 22:07:55.32ID:mRpullhe0
紅莉栖「はぁ… 仕方ないわね、本当に」 

岡部「すまん… とりあえず、一度どいてくれると助かr」 

紅莉栖「私がする」 

岡部「…なんと?」 

紅莉栖「わ、私がしてあげるって言ってるの! わかったら動くな! そのまま後ろに倒れろ!」グリグリ 

岡部「む、むちゃくちゃだ!」 




121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 22:22:05.67ID:mRpullhe0
紅莉栖「うるさい 黙って全部任せろ」 

岡部「し、しかしだな」 

紅莉栖「問答無用! ちゅう」 

岡部「んむっ、ん、ふっ、ちゅる」 

紅莉栖「れろ、じゅる、んぷ、れるれる、ちゅ、ふぅっ、ん、ふふっ、ぷは」 

岡部「…口の中って、気持ち良いんだな」 

紅莉栖「…童貞乙」 

岡部「これから卒業するさ」 




122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 22:27:52.60ID:mRpullhe0
紅莉栖「…あ、涙の跡」 

岡部「…乾いたからな」 

紅莉栖「…ぺろ」 

岡部「なっ、お前…」 

紅莉栖「ふふ、しょっぱい」 

岡部「いきなり舐めるな びっくりするだろう」 

紅莉栖「ふーん… れろ、れろちゅる」 

岡部「うぉぉ!? おま、耳なんてっ や、やめてくれ!」 

紅莉栖「ちゅぱ、れる、じゅるるる」 

岡部「くうぅぅぅ…」 




125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 22:31:23.34ID:mRpullhe0
紅莉栖「えへへ、顔真っ赤」 

岡部「し、仕方ないだろ…」 

紅莉栖「それに、こっちの方も、おっきくなったみたいじゃない?」ムギュ 

岡部「っ…」ビクリ 

紅莉栖「それじゃ、本番だよ…」ニコリ 



以下省略 




130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 22:39:42.86ID:mRpullhe0
翌日 


ダル「なーんか今日の牧瀬氏、機嫌良くね?」 

紅莉栖「そう? 気のせいじゃない?」 

まゆり「えっとねー、まゆしぃにも今日の紅莉栖ちゃんは嬉しそうに見えるのです」 

紅莉栖「そうかしら…」 

岡部「フゥーッハハハハ! ただいま帰還したぞ!」 

まゆり「あ、オカリン とぅっとぅるー♪」 

ダル「おー、オカリンオカリン、牧瀬氏の機嫌が良い気がするんだけどなんか知らん?」 

岡部「ふむ、気のせいではないか? おーぅい、助手ぅー! クリースティーナー!」 




133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 22:48:29.20ID:mRpullhe0
紅莉栖「…」 

岡部「ほらみろ、むっつりと黙り込んでいるではないか」 

ダル「なんとなく余裕のようなものが見えるお… まさか!」 

岡部「そ、それこそ気のせいではないか? なぁ、助手よ!」 

紅莉栖「…」 

まゆり「わぁー、紅莉栖ちゃんがにやけてるよー」 

ダル「やっぱりそういうことなんだお! 屋上へ行こうぜ!」 

岡部「だ、ダル! 落ち着けスーパーハカー! ダイエットコーラあるぞ!」 

ダル「そんなもんじゃ釣られないお!」 

紅莉栖「…」 




143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 22:57:25.99ID:mRpullhe0
鈴羽「ちょっとー、岡部倫太郎ー? 店長が怒ってるよー 静かにしてー」ガチャリ 

ダル「鈴羽たん! オカリンを押さえるお! 裏切り者だお!」 

岡部「な!お前!」 

鈴羽「まさか、SERNの洗脳!? 岡部倫太郎、ちょっと我慢してね!」ガッシボカッ 

岡部「ぐおお! 離せぇ!」 

ダル「フェイリスたんに見破ってもらうお! まゆ氏、連絡頼んだお!」 

まゆり「えっへへー、もうしてあるのです もうすぐ着くってー」 

岡部「ぐぬぬ…」 

紅莉栖「…」 




146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 23:06:55.33ID:mRpullhe0
ルカ「あの、こんにちは… クッキーを… お、岡部さん!?」 

岡部「る、ルカ子! 助けてくれ!」 

まゆり「ルカ君とぅっとぅるー♪ オカリンはねー、女の子の敵なのです」 

ルカ「お、岡部さん… そんな、ボク、ボク、信じてたのに…」ウルウル 

岡部「ウェイウェイウェイ! 適当な事を言うな!」 

パシャ 

岡部「!? し、指圧師!? またお前か!」 

萌郁「楽しそう……だったから……」 

岡部「そうだろうと思ったよ!」 

紅莉栖「…」 




149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 23:14:02.56ID:mRpullhe0
フェイリス「凶真ー、ついにやらかしたのかニャー!?」 

まゆり「萌郁さんもフェリスちゃんも、とぅっとぅるー♪」 

ダル「フェイリスたん降臨! ktkr! 今こそその力を見せてほしいお!」 

フェイリス「ニャー? つまりどういうことニャ?」 

ダル「かくかくしかじかだお」 

フェイリス「ふむふむ、そういうことならお任せニャ! 凶真! フェイリスの目を見るニャ!」 

岡部「ぐうう…」 

紅莉栖「…」 




152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 23:20:34.34ID:mRpullhe0
ダル「さっさと吐けお! なんか知ってるんだろ!」 

岡部「し、知らん…」 

フェイリス「…ニャン、こいつは嘘を吐いている顔だニャ!」 

まゆり「まゆしぃは悲しいのです…」 

ルカ「あの、岡部さんは一体何を…?」 

ダル「おそらく、牧瀬氏とねんごろになったんだお! そうならそうと言えお! 仲間だろぉ!?」 

岡部「ぐ、そ、そう、だ…」 

紅莉栖「…」 




154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 23:26:54.26ID:mRpullhe0
鈴羽「え? なにそういう話? なんだぁ、先に言ってくれれば押さえたりしなかったのにー」 

岡部「まったく… お前らは…」 

まゆり「紅莉栖ちゃんもこっちにおいでよー」 

紅莉栖「…はぁ」 

ダル「おお、目に見えて顔が赤いお」 

岡部「紅莉栖?」 

紅莉栖「う、うるさい 黙って」 

フェイリス「ツンデレだニャー」 




157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 23:31:05.15ID:mRpullhe0
紅莉栖「つ、ツンデレじゃないの! これからは、その…彼女、だし…」 

ダル「ヒューヒュー」 

紅莉栖「で、でも! 岡部が調子に乗るといけないから、その…」 

紅莉栖「岡部に冷たく当たってみる」 

終わり 




165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 23:38:42.60ID:8UMImmyq0
>>157 
そのまま>>1に戻るんですね分かります 




158: 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 :2012/01/13(金) 23:31:34.99ID:mVp/ozVc0
乙 




160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/13(金) 23:32:42.91ID:6zYD1JdOO
乙! 

長いことお疲れ