1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 17:51:52.38 ID:7HvOAGl50
妹「いやぁまた失敗したかぁ、いや~タイミングが悪かったのかなぁ…残念無念再来年」 

兄「なぁ…最近しつこくないか?毎日の様に告白してくるがお前頭おか 

妹「まぁまぁ!明日も告白するからね?お兄ちゃんが良いよって言ってくれるまで私、何度でも告白するから」 

兄「だからよ、お前頭おかしいだろ?兄妹間での恋愛なんて気持ちわる 

妹「いや~参った参った、お兄ちゃんってば常識に囚われ過ぎだよ~」 

兄「………後さ、謝らなきゃなんねー事が有るんだけどよ」 

妹「はいは~い、なんですか~」 

兄「俺さ…」 

妹「俺さぁ?」 

兄「……付き合ってんだ」 

妹「wwwwww」 
9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 17:56:08.53 ID:7HvOAGl50
妹「ぷひゃひゃひゃひゃひゃwwwww」 

兄「そ、そんなにおかしいか?」 

妹「ひーwwwお腹痛いよお兄ちゃんww冗談キツイってばぁwwww」 

兄「……本当だぞ?つーかSEXもしてっから、そろそろ結婚すっから」 

妹「うひひひひひwwwwま~たお兄ちゃん冗談かましてる~、そうやって私の意欲を削ぐつもりなんでしょ!」 

兄「コレさ、彼女に渡す結婚指輪」パカッ 

妹「wwwwwwwww」 

兄「あのさ、今から彼女の家に行って渡して来たいんだけど」 

妹「うひひっ…ひっひひ………あひゃ…」 

兄「おい、扉の前に立つなよ」 

妹「ばぁぁぁあああぁあ!!」 




17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:00:12.15 ID:7HvOAGl50
兄「んだよ、鼓膜破れるかと思っ 

妹「みゃぁぁぁああぁあ!ん"なんっで!!?は、はぁあぁあん!?」 

妹「なんでなんでなんで?!結婚!?誰と誰が!?」 

兄「いや…俺と彼女がなんだけど」 

妹「あはははは!あぁそっかぁ、3DS?ラブプラスね?ゲームなんてお兄ちゃん何歳?年考えてよも~」 

兄「………」ピラッ 

妹「んの"っ"!?」 

兄「もう彼女に了解得てるから…後は指輪をプレゼントするだけなんだよ」 

妹「あ、あひゃひゃ……なーにその紙?こ、婚姻届って書いてあるよおぉ??」 

兄「……邪魔だ、どけ」 

妹「い"んやぁぁああ"だあぁあ!」 




20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:04:29.71 ID:7HvOAGl50
妹「ばぁあぁあかっ!ばーかばぁあぁあかっ!」 

兄「うるっせぇよ…つーかどけっての、早く彼女の家に行きたいんだよ」 

妹「いーやいーやよー!」 

兄「おい……」 

妹「まだラブプラス出てないよね?!まだ3DS版は出てないじゃん!」 

兄「ゲームじゃねぇよ、現実に居るんだよ……お前さぁ、ラノベとかの見過ぎだ」 

妹「あーばばばばばばばべばは」 

兄「兄妹で恋?無い無い…兄妹でSEX?気持ち悪い」 

妹「あ~ひゃひゃひゃひゃひゃ、うっわぁあ、なんかお兄ちゃんがお兄ちゃんでお兄ちゃんになってるよ~」 

兄「………どけ」 

妹「いやぁあぁあ!絶対嫌ー!」 




24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:09:01.06 ID:7HvOAGl50
兄「今から晩ご飯食べに行く約束してんだよ」 

妹「は?は?はぁぁあんっ?!お、お兄ちゃんって私と一緒にご飯食べない癖に何処の馬の骨か分からないヤリマンと晩ご飯食べに行くの!?」 

兄「ヤリマンって、お前なぁ…」 

妹「クソビッチかもしれないんだよ?!万個の中真っ黒かもしんないんだよ!?そんなクソビッチと一緒にご飯なんて頭おかしいよ!」 

兄「彼女は俺以外の男を知らないぞ、現に処女だったしな」 

妹「はい嘘です!それ絶対嘘ですっ!」 

兄「……どけ」 

妹「今は処女膜の一つや二つ簡単に手術で再生するんだよ!?そんなのあてになるわけ無いじゃんばーか!」 




26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:13:00.89 ID:7HvOAGl50
兄「彼女はんな事がしてねーよ、つーか膜再生してメリットなんてねーだろ」 

妹「うっわ!はい出ましたっ!彼女はそんな人間じゃない発言来ましたー!うわぁあ、キモキモキモっ!」 

兄「キモくても良いからよ、早く彼女の元に行かせてくれよ…抱きしめてやりたいんだよ」 

妹「あっ!そっかそうなんだ~!お兄ちゃんの彼女って抱きまくらの事なんだなんだ~そっかそっか~」

兄「……何言ってんだお前」 

妹「じゃあ今からアレでしょ?とらのあなに行くんだ?抱きまくらカバー買いに」 

兄「はいはい、そうだよそうですよ。だから行かせてくださいよ」 

妹「うっせーよバカ兄貴!」 

兄「!?」 




28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:16:42.83 ID:7HvOAGl50
妹「何が結婚だ何が婚姻届だ何が抱きしめてやりたいだぁ!?」 

兄「んだよ急に、逆ギレかよ気持ち悪りぃなおい」 

妹「はー"ん"?!ふざっけんなふざけんな!ヤリマングロマンコに兄貴を渡せるわけねーだろ!」 

兄「……お前さ、そろそろ彼女の悪口言うの止めろ…キレるぞ」 

妹「んだよくそ兄貴!やんのかああ"ん!?」 

兄「お前を殴りたく無いし殴ろうとも思わないって、だからよ……どけ」 

妹「嫌に決まってんだろ!理不尽なんだよくそ兄貴!」 




35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:21:02.89 ID:7HvOAGl50
妹「毎日告白してた私はなんだったんだよ毎日ドキドキしてた私はなんだったんだよー!」 

兄「し、知るかよ」 

妹「毎日兄貴の部屋に忍び込んでパンツ盗んでた私の苦労はなんだったんだよ!毎日兄貴の部屋に忍び込んで机の取っ手を舐めてた私はなんなんだよぉお!」 

兄「……マジかよ、そういや最近机の引き出しの取っ手が濡れてるなと思ってたら」 

妹「それだけじゃねーぞくそ兄貴!毎日お前が風呂に入ってる時を見計らって兄貴のTシャツを秘部に当てて喘いでた私はなんなんだよぉお!」 

兄「そ、そういやシャワー浴びてる時に声が聞こえると思ってたら…幽霊じゃなくてお前だったのか」 




37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:23:10.05 ID:1iRLJ5z60
>>35ただの異常者です 




38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:23:53.72 ID:l9UXtk7O0
こんな妹も悪くないな 




40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:25:22.12 ID:7HvOAGl50
妹「ふざけんな!私の想い完全に無視じゃねーか!そんな一方通行許せるわけねーだろ!」 

兄「変態にゃ言われたくねーよ…つ、つーかもう19時になるからマジでどけっての!」 

妹「嫌に決まってんよぉぉお!やんよやんよおぉおぉぉ!」 

兄「……」カチャ 

妹「な、なんだよなんなんだよ!携帯なんか取り出してさ!警察に電話とか最低ゴミカス糞虫以下!」 

兄「ちげーよ、彼女に電話してんの………あっ、俺だよ俺、今何してた?」 

妹「んなはぁぁあぁあ!ガッデム!」 




46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:29:57.38 ID:7HvOAGl50
彼女『あっ、うん…えへへ、君の事思ってたかな』 

妹「うわぁああ!キモキモキモっ!つーか声可愛過ぎんだろぉぉお!」 

彼女『あ、あの…もしかして妹さんと一緒に居る?』 

兄「悪い…少しだけ遅れそうなんだけどさ、良いかな」 

彼女『うん、良いよ……何時までも待ってるから』 

妹「んぎひぃいやぁぁああ!なんだよそのセリフはよぉお!完全にヒロインじゃねーか畜生!アァ"アァア!」 

兄「ご、ごめんな…五月蝿くて」 

彼女『ううん、気にしてないよ。寧ろ微笑ましいかな…』 

妹「うがぁぁああ!キモキモキモキモキモキモキモキモキモっ!キモっ!きんもー☆」 




47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:30:53.70 ID:RB91qwCY0
さすがにこんな妹は嫌だ 




51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:34:39.51 ID:7HvOAGl50
兄「悪い、すぐ行くから」 

彼女『うん……私も早く会いたいな』 

妹「がぁあぁあ!なんだよそのセリフはよぉお!少しは恥ずかしがれよクソビッチがぁあぁあ!」 

兄「……それじゃあな」 

彼女『……』 

兄「お、おい早くきれよ」 

彼女『私がきるんだ…う~ん、もう少しだけ考えて欲しいかな……じゃあまたね』 

プツッ 

兄「考えろって…何をだ?」 

妹「へいへいへーい!嫌われたっ!今嫌われました!ほらほらほら、もう指輪渡しても断れる事間違いなし165%!」 

兄「つーか隣からうるせぇんだよ!」 

妹「ふゃびょってるwwwww」 




54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:36:02.78 ID:qsNyAC6d0
妹、完全に俺らと同レベルじゃねーかwww 




56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:38:01.40 ID:7HvOAGl50
~~駐車場~~ 

兄「……おい、何してんだ」 

妹「お兄ちゃんのバイクに乗ってんだよ?変なお兄ちゃん、見てわからないかなぁ」 

兄「お前さ…その多重人格?情緒不安定っていえば良いのかな、大丈夫か」 

妹「へ?私は全然大丈夫だけど…どうして?」 

兄「そうだったな…記憶とんじまうんだったな」 

妹「それじゃあ彼女さんの元へレッツゴー!」 

兄「………乗せねーよ」 

妹「ありゃ?」 




60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:43:08.00 ID:7HvOAGl50
兄「いやいやいや、乗せねーよ乗せるわけねーだろ」 

妹「ふ~ん…分かった、乗らない」 

兄「おい……今度は何してんだ」 

妹「縄でね、私とお兄ちゃんのバイクを繋げてるの。乗っちゃ行けないなら引きずってって貰おうかなって」ミシミシ 

兄「死ぬぞ、下手したら。いや、下手しなくても死ぬぞ」 

妹「大丈夫大丈夫♪私って死んでも死なないから」ギュウッ 

妹「よしっ!準備完了しました~、じゃあお兄ちゃん、私を引きずってってね」 

兄「……」ガチャ 

ギャギャギャギャギャ……ブゥオンッ 

兄「死んでも知らねーからな」 

妹「心配してくれてありがと、でも平気だから。遠慮無くフルスロットルでGOGOだよお兄ちゃん!」 

兄「……」グッ 

バロロロロロロロロロ 




61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:44:22.37 ID:bUK4MiPiO
えっ 




62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:44:58.57 ID:x13U1nL80
やりやがった 




63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:46:22.94 ID:EbPToeJW0
妹が妹なら兄も兄だな 




65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:47:13.15 ID:7HvOAGl50
~~道路~~ 

バロロロロロロロロロ 

兄「……(後ろ大丈夫かな)」チラッ 

ズベベベベベベベ 

妹「あばばばばばばばばばばばばばば」 

兄「案の定引きずられてるし…まぁ良いか、死んだらお墓の前で泣いてやんよ」 

妹「っぐっがっあぁ"っ?!」ドンギャンバキャズブュリ 

兄「っ、信号赤だな」 

キキィイイッ! 

妹「んは"ほぉ"っ?!」 

ブチンッ 

兄「あっ、ロープ切れた」 

妹「ああぁあぁぁああ!!」 

プップー 

兄「……妹が飛んでった場所にタイミング良くトラックが」 




67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:49:12.07 ID:3NOWmH040
ここまで先の展開が読めないSSは久しぶりだ 




68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:51:32.37 ID:EbPToeJW0
ギャグキャラなら死なない・・はず・・・・ 




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:51:33.37 ID:7HvOAGl50
ズドンッ 

「お、おい!人がトラックに跳ねられたぞ!」 
「きゃー!人がトラックに跳ねられたわ!ひ、人がトラックに跳ねられたわ!」 
「きゅ、救急車!救急車呼べっ!」 

兄「あっ、信号青に変わった」グッ 

妹「っ"ぐ…ぎぎぎ……ぉ"、に"いちゃ…ぁあん…」 

バロロロロロロロロロ 

兄「悪いのは俺じゃないからな、悪いのはお前だ」 

妹「…っ"!」 

「お、おい!起き上がったぞ」 
「バイオハザードよ!バイオハザードだわ!スクープよスクープ!」 

妹「ふっ…いひゃひゃ……兄いちゃん…ふひっ…ひひ」ペタペタ 

「地面を這いずってるぞ!」 
「アンビリーバボーよ!ジャパンにゾンビが居るなんて読売新聞の一面とれるわ!」 




70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:51:41.07 ID:RB91qwCY0
意味不明すぎる 




72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:52:28.05 ID:588beGhh0
予想を超えたわ… 




76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:54:08.76 ID:s0X/TI2R0
       ゃ    こ 
    じ             り 

 ん                    ゃ 

な         ぁ   っ         あ 
       ぁ         ! 
                       あ 
      ぁ      !  ! 
                      あ 
      ぁ 
                    あ 
         ぁ       あ 
             ぁ 




77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:54:10.25 ID:qsNyAC6d0
超展開すぐるだろwww 




86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 18:56:26.63 ID:7HvOAGl50
~彼女の自宅前の駐車場~ 

兄「ってと、邪魔な妹も居なくなったし……」ガサガサ 

兄「この婚約指輪、ご飯の時に渡せば良いのか…?いや、ご飯食い終わった後の方が良く無いか?」 

兄「う~ん……分からん、とりあえずあいつに会ってから決めよう」 

ペタ…ペタ……ペタ 

兄「ん?なんだこの音」 

ペタタンタンタンッペッペタペタタン 

兄「な、なんかリズミカルなステップだな…」 

ペッタペタタンペタタンタンタン♪ 

兄「……踊りたくなる様なリズムだ」 

ペタペタペタタンペタタンタン♫ 

兄「へいよー!」 

妹「…ぉにいぢゃあぁん」 

兄「うぎゃぁあぁあああ!」 




96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:00:44.26 ID:7HvOAGl50
兄「だだだだ、誰だよお前!」 

妹「う…わだじだょ…」 

兄「は、腹から臓器が出てるじゃねーか!き、気持ち悪っ!……つーかくっせ!臓器くっさ!」 

妹「どぼどぼだよ…」ブリャ 

ボトンッ 

妹「ぁ"…も、盲腸が落ちちゃった…え、えへへ…お兄ちゃんにあげるね」スッ 

兄「ぐぜえぇ!近寄るなゾンビ!つ、つーか誰なんだよお前はぁあ!」 

妹「ぁ…顔面が真っ赤だから気づかないんだね……ほらっ、私の盲腸…こ、これで私って分かるでしょ…?」 

兄「お"ぇえ"!くっさー!」 




100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:01:52.80 ID:EbPToeJW0
分かったら逆にすごい 




107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:05:42.76 ID:7HvOAGl50
妹「……は、は…はっ、」 

妹「はっくしゅ!」 

ズブリュー 

兄「ひぃい!?!ななななな、なんだよこの長い物!まっ、ま、まさか…ち、腸か…」 

妹「あ…し、しまわないと」 

グチャブチュグジャブリュリュ 

兄「……ヴっぷ」 

兄「ぅ"お"っげぇぇ"う"ぉぉえええ"」ゲロゲロゲロ 

妹「あ…汚いよぉお兄ちゃん、今拭いて上げるからね」ヨロヨロ 

兄「く、くんじゃねー!」ドンッ 

妹「あ"っ」ズテン 

ボリョ 

兄「!!!!」 

妹「あいたたた……ありゃ?頭割れて脳みそこぼれちゃった」 

兄「ぅ"う"お"ぇえぇぇえ!」 




111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:10:39.83 ID:7HvOAGl50
妹「お兄ちゃん…ほら、脳みそだよ?凄いね~ほんとにしわくちゃなんだね」モグモグ 

妹「味はノーコメント……ヴぅ、マズイ」 

兄「ひ、ひいぃぃい!!く、喰ってる!自分の脳みそを喰ってるぅう!」ガタガタガタガタ 

妹「……お兄ちゃん、ほら、早く彼女さんに会いに行こうよ…ね?」 

兄「ひいぃぃい!た、助けてぐれぇええ"!!」 

ダッタッタッタッタ 

妹「あ、待ってよお兄ちゃ~ん!私じゃ彼女さんの場所わかんないんだよー!」 

妹「……まぁいっか、あそこのアパートみたいだし…虱潰しにノックすればいつかは彼女さんの部屋に当たるんだしね」ヨロヨロ 

ボトボトボト 

妹「あぁ、大腸が…」 




118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:14:25.23 ID:7HvOAGl50
兄「あ、開けてくれー!お、俺だ!は、早くあげてぇぇえ!!」ドンドンドン 

彼女『は~い、少しだけ待ってね?』 

兄「は、早くしてくれー!し、死ぬ!殺される!ぞぞ、ゾンビがぁあ!」ドドドンドンドン 

「ぎゃぁぁああぁあ!!」 

兄「ひいぃぃい!し、下の階から悲鳴がぁああ!ま、まさか俺を狙って!?は、早くしでぐれぇぇえ!」ドドンガドンドン 

彼女『ふふ、10コンボだどん♪』 

兄「ギャグなんて要らねぇからあげでー!死にたくないぃぃい!」ドドンガドンドン 

「うぎゃぁぁあぁあああ!」 

兄「ひいぃぃい!」 




120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:17:48.73 ID:ccwacL5P0
ちょっと可愛いとか思いました 




123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:19:06.63 ID:7HvOAGl50
~彼女の部屋~ 

兄「…」ガタガタガタガタ 

彼女「大丈夫?スープ作ってきたよ、コレで温まれば震えも止まる筈だよ」 

兄「ちがっ、ちが、ちががががか、違うんだ…さ、ささ、寒いからじゃ無く 

「うっぎゃぁぁああぁあ!!」 

兄「ひいぃぃいやぁぁああぁあ!」ガタガタガタガタ 

彼女「今日って絶叫大会とかやってたのかな~?ごめんね、早く行こっか」 

兄「だだだだ、ダメ!外には出ないっ!!」 

彼女「へ?な、なんで?」 

兄「おまお、まっ、お前も外に出さないからっ!!ぜ、絶対出さねーから!(今外に出たらマズイだろ!か、彼女までゾンビにされちまう!)」 

彼女「ぁ……(こ、こんなに大胆な兄くんって初めてかも…)」 




128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:24:35.61 ID:7HvOAGl50
ピンポーン 

兄「ひぃやぁぁぁああ!き、きたぁぁあ!」 

彼女「あっ、今出まーす」 

兄「だだだだ、ダメだっつーの!」ガバッ 

彼女「もがっ?!(きゃっ!く、口なんて塞いで急にど、どうしたんだろ…)」 

ピンポーンピンポーンピンポーン 

兄「あぁぁ"がががががが」ガタガタガタガタ 

彼女「むぐ~ん"んー!」 

兄「あっ、わ、悪い」スッ 

ピピピンポポポポーン 

彼女「ぷはぁっ!も、もう、急にどうしたの?早く出ないと怒ってるよ?お客さんが」 

ピンポーンピンピンポンポンポーン 

妹『さーっ!(裏声)』 

彼女「!こ、この声ってもしかしてお客さんって福原愛ちゃん!?」 

兄「んなわけねーだろ!」 




130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:26:33.81 ID:YzI4Husg0
福原愛ちゃんとかw 
彼女かわいすぎだろww 




134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:27:53.44 ID:7HvOAGl50
ピン……ポーン 

兄「い、良いか…絶対に出るなよ」ドキドキドキ 

彼女「兄くんがそこまで言うなら…わ、分かったよ(残念、せっかく愛ちゃんのサイン貰えるかと思ったのに)」 

ピン…… 

妹『た~のし~い、な~かま~が』 

ポポポーン 

兄「ぷっwwww」 

彼女「え~し~(裏声)」 

兄「くふっwwwww」 




137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:28:49.32 ID:YzI4Husg0
>>1が天才すぎるww 




140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:30:51.33 ID:XASyNiqr0
いい彼女じゃん 




141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:31:16.00 ID:XYwvfCjxO
これは天才だろwwwwwwwww 




142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:31:44.49 ID:7HvOAGl50
ドンドコドンドン 

兄「ひぃやぁぁああ!」 

彼女「ほら~、愛ちゃん怒ってるインターホンじゃなくて直接叩いてるよ?」 

ドンドンドンドンッ! 

彼女「ね~え~、本当に出たら駄目なの?ドアが敗れちゃうよ?」 

兄「や、破れる訳無いだろ…鉄だぞ鉄」 

ドンドコドンドンドドンガドン 

妹『へいっ!(低音)』 

ドガドガドドドンドンドンドンッ! 

彼女『いえいっ!(高音)』 

兄「………」 




144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:33:12.07 ID:YzI4Husg0
この妹と彼女は仲良くなれる気がするのは俺だけか? 




145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:33:21.23 ID:apLLvy8KO
やべえwww 
おもしれぇwww 




147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:35:00.63 ID:bUK4MiPiO
これ彼女と妹良い義姉妹になれただろう… 




149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:36:13.66 ID:7HvOAGl50
妹「駄目だ、出てくれないや…もしかしてここじゃないのかなぁ?」 

妹「……あっ!目玉をこのドアに付いてるポストに入れてっと」ブリュリュボリョ 

妹「お荷物置いときますんでご確認宜しくお願いしまーす(佐川急便風の声)」 

彼女『は~い♪』 

兄『しゃ、しゃべんなっつってんだろ!』 

妹「これで目玉を取ってくれたら中を確認出来るね」 

妹「っと、姿見られちゃマズイから私は隠れなきゃ…流石に目玉無い人みたら驚いちゃうもんね」 

スタスタスタ 




151:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:37:41.80 ID:+KAWdCPF0
なんか死体の妹持ち歩くSS思い出した 




154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:39:31.20 ID:n4Bsl2Dj0
>>151 
最後らへん液体になるやつ? 




163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:43:28.49 ID:+KAWdCPF0
>>154 
たぶんそう 
ペットボトルとかに入れてた 




497:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 23:08:54.63 ID:+YBu2ea40
>>168 
俺「母さんの作るご飯がまずすぎて妹が死んだので旅に出ます」




155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:40:16.07 ID:7HvOAGl50
彼女「ねぇねぇ兄くん、目玉が中に入ってた!」 

兄「ひぎゃぁぁああ"!ぶるわっふっ、き、気持ち悪いから捨てろ!」 

彼女「え~?可愛いのに…それに目玉ちゃんが可哀想だと思わないの?」 

妹眼「…やっぱりお兄ちゃんここに居た」 

彼女「ふふふ、宜しくね目玉ちゃん♪」チュッ 

妹眼「っ」ビクッ 

兄「捨てろ!捨てろっつってんだろ!」 

彼女「駄目だよ~、せっかく私に届いたプレゼントなんだからぁ」 




156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:40:47.12 ID:lsHh4gn50
彼女もそっちか・・・ 




157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:40:56.40 ID:XASyNiqr0
あっこれ彼女も駄目だわ 




158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:41:01.77 ID:2bKD6xtj0
彼女もおかしいのかよ 




166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:44:33.92 ID:7HvOAGl50
彼女「ころころ~」 

妹眼「いたっ!ほ、埃が眼にぃ!め、眼がぁぁあ!目がぁぁあ!」 

彼女「あっ、そうだ!ちょっと待っててね目玉ちゃん♪」 

スタスタスタ 

兄「……」ガタガタガタガタ 

妹眼「当たり前だけど私の声は聞こえないんだよね、ていうかコレって喋ってるって表現で有ってるのかな?ま、まぁ細かい事は気にしない気にしない」 

兄「ややや、やっぱり俺って呪われてんだ…し、死ぬんだ…俺は今日死ぬんだ…」ガタガタガタガタ 

彼女「うふふ、おまたせ♪」 

兄「な、なんだよそれ…」 

彼女「ビーダマンだよ、知らないの?」 

妹眼「!?」 




170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:45:35.43 ID:bM5PwkJvi
ビーダマンくっそワロタwww 




173:以下、名無しに代わりましてアフィブログがお送りします:2012/01/10(火) 19:47:12.53 ID:UoC/d0Fe0
鬼才現るwwww 




174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:47:50.98 ID:3NOWmH040
彼女のが一枚上手だな 




179:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:49:58.20 ID:7HvOAGl50
彼女「ワイのワイルドワイバーンや♪」 

兄「……」 

彼女「えへへ、ごめんね嘘付いちゃった。コレはね、タマゴ君のビーダマンでバトルフェニックスだよ!」 

兄「な、なにするつもりだ」 

彼女「目玉ちゃんをビーダマンに装填してっと」ヒョイ 

妹眼「いたっ!な、なに!?ど、どうして私がこんなと 

彼女「うぅうにぃい」ギチギチギチギチ 

兄「お、おい、指が青色に変色してるぞ!だ、大丈夫な 

彼女「キャノンショット!」グッ 

ズギャンッ! 

妹眼「いやぁぁぁぁああぁあ!」 

パリーン 

彼女「あ……ガラス割れて外に飛び出しちゃった」 




184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:50:53.74 ID:2bKD6xtj0
目玉頑丈やな 




186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:51:29.19 ID:UQtfh62s0
目玉って硬いよね 




196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:53:15.50 ID:7HvOAGl50
兄「な、なんか分からんがグッジョブ!あ、あんな気味悪い物無い方が良いからな!」 

彼女「ううぅ、兄くんがちゃんと受け止めてくれないからだよ…もう怒ったよ私」カチャカチャカチャ 

兄「……な、なんでビーダマを装填してるんだ」 

彼女「うるさいうるさいうるさい!」 

パコンパコンパコン 

兄「いたた、痛いって!や、止めろよガキ臭いぞ!」 

彼女「うるさ~い」 

パコンパコンパコン 

兄「あははははは!」 

彼女「えへへへ~」 

パコンパコンパコン 




203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:54:37.45 ID:EbPToeJW0
アホの子を通り越してる・・・・ 




207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:56:33.21 ID:wXjIJNxD0
こんな彼女と結婚するつもりだったのか 




208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 19:58:10.73 ID:7HvOAGl50
ピンポーン 

兄「うひゃぁぁああ!!」ビクンッ 

彼女「は~い、いま出まーす」 

兄「まままま、待て!またあのゾンビかも知れないから出ちゃ駄目だ!」 

彼女「ゾンビ~?」 

兄「あっ、あ…な、何でも無い(ゾンビなんて見ちまったら絶対気絶しちまうからな…)」 

妹『佐川急便で~す(佐川急便風の声)』 

彼女「ほら~、佐川急便だってよ?」 

兄「駄目!」 

彼女「う~…兄くんがそこまで言うなら我慢する…」ウズウズ 

妹『生物ですので気をつけて下さいね、とりあえずポストにいれときますんで(佐川急便風の声)』 

彼女「は~い」 




220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:02:24.27 ID:7HvOAGl50
彼女「生物だって!」 

兄「生物(なまもの)な、生物(いきもの)じゃねーから!」 

彼女「何が入ってるのかな~レターパック350に入ってるね~」バリバリバリ 

兄「……(生物がレターパックに入ってる時点で不思議がれよ)」 

彼女「………なにこれ?ねぇ兄くん、これってなに?」 

兄「ぶっ"?!」 

彼女「真っ赤で長いよ?わわわっ!すんごい長い」 

兄「うげぇぇええ!ヴぉえ"ぇぇ"!」ゲロゲロゲロ 

彼女「も~、吐くなら吐くって言ってよ~」 

兄「な、ななっな、なんで大腸が…ヴぉえ"ぇぇ"!」 




228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:04:23.10 ID:FbJNJE5b0
いま、妹の臓器で正常なのは何よ 




231:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:05:42.41 ID:2GnF1C7d0
>>228 
心臓、肺、腎臓、肝臓、膵臓、膀胱、歯 




234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:06:15.92 ID:cZhskg/e0
>>228 
ま○こ 




235:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:07:00.80 ID:FbJNJE5b0
>>234 
なんだ 
まだ妹全然余裕じゃん 




237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:07:26.03 ID:7HvOAGl50
彼女「ふんふんふ~ん♪」 

兄「ヴっぷ…な、なにやってんだよ……は、早く捨てろ」 

彼女「見てよ!フラフープ作っちゃった!」 

兄「……」 

彼女「懐かしいな~、何回出来るかな~」 

兄「ゆ、床血まみれなんだけど…」 

彼女「え?コレって塗料でしょ?ほら、水彩絵の具なんだよ~。だから色落ちちゃったんだね」 

兄「そ、そうか…」 

彼女「くるくる~」 

兄「うわっ!!ち、血が飛び散るから止めろ!き、きたねぇよ!」 

彼女「あはは!案外出来るもんなんだね~!楽しい楽しい!」 

ビチャビチャビチャ 

兄「汚いからや、やめて」 




238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:07:46.60 ID:UYOJUtYiI
やめろやめろやめろぅ"う"お"ぇえぇぇえ 




241:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:09:14.23 ID:qsNyAC6d0
もうホラーじゃなくてスプラッタものじゃん… 




253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:12:39.24 ID:7HvOAGl50
~アパート1階~ 

妹「真っ正面から駄目ならさ、よじ登ってベランダから入れば良いんだよね…」 

妹「ロッククライムなんて初めてだからどうしようかなぁ、登り方なんて知らないよ」 

妹「……あっ!そうだ、小腸を引きずり出してっと」グッ 

バジュブリャリュブグリャグチャペペペ 

妹「忍たま乱太郎で良くやってるアレみたいな要領でっと」ヒュンヒュンヒュン 

妹「届けー!」ブンッ 

ヒュルヒュルヒュル……ガシッ! 

妹「Yes!これでよじ登れるよ♪」 

妹「待っててねお兄ちゃん、クソビッチなんかに渡さないんだから!」 




254:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:12:45.91 ID:Tk1gbea10
彼女が天然すぎるww 

今思ったら天然の度がすぎたのが基地外だよな 




256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:13:37.37 ID:cZhskg/e0
小腸のどこがベランダに引っ掛かったんだwww 
登れるのかwww 




266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:16:20.89 ID:7HvOAGl50
彼女「あははは、楽しかった!」 

兄「そ、それは何よりだな…(うへぇ、全身血まみれになっちまった)」 

兄「……くっさ」 

『そうさ~100%勇気~もうやりきるし~か無いさ~』 

兄「ひっ!!!」 

彼女「金玉淫乱太郎のOPだ~、懐かしいな~」 

『この世界中の元気~抱きしめな~がら~』 

彼女「へいへいっ!」 

兄「どどど、何処からだ!どっから声が…そ、外か!」 




277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:18:13.11 ID:95WKkztM0
妹と彼女がヤバい 




285:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:20:13.94 ID:7HvOAGl50
~ベランダ~ 

兄「くそっ!どこ……うひゃぁぁあああ!!」 

彼女「どうしたの兄く~ん?あっ!なんか引っかかってるね」 

兄「ヴっぷ…ヴげぇええ"っ!!にゃ、にゃんで小腸が……ヴぉえ"ぇぇ"!」 

妹「お兄ちゃーーーん!!」 

彼女「も~、これ私のじゃないからんだからね!もう、誰がこんないたずらしたんだろ」ギュッ 

妹「!!?や、やめっ 

彼女「よいしょっ!」ブチ 

ヒュ~~~~ 

妹「きゃぁあぁああぁぁぁあ!9階から落ちるぅううぅうぅぅ!」 



グシャ 




288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:21:40.44 ID:wXjIJNxD0
9階wwwwww 




294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:23:53.81 ID:cZhskg/e0
9階て……… 




296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:24:37.98 ID:sySMQdWc0
おいアパートだろ 




297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:24:41.61 ID:7HvOAGl50
妹「…っ…」ピクピク 

烏A「かぁかぁ」 烏B「かぁかぁ」烏C「かぁかぁ」 
烏D「かぁかぁ」かぁかぁ「烏」烏E「かぁかぁ」 

妹「あ、あはは……う、嘘だ…よね」 

烏F「かぁかぁ」烏G「かぁかぁ」 
烏H「かぁかぁ」烏I「かぁかぁ」 

妹「あ、足が向こうに飛んじゃってるから…う、動けないよ」 

烏J「かぁかぁ」烏K「かぁかぁ」烏L(かぁかぁ) 

妹「だ、大乱交スマッシュブラマラーズ…」 

烏「かぁかぁかぁかぁかぁかぁかぁかぁ」 

グジュブラャベラャリャプププ 




308:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:28:38.72 ID:D7kMSGR80
まさかの鳥葬展開 




312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:30:13.67 ID:7HvOAGl50
彼女「よしっ!じゃあ戻ろっ?」 

兄「……(あぁ、あれならもう大丈夫だな)」 

彼女「兄くん?どうしたの、早く部屋に戻ろうよ~。ここじゃ寒いからさ」 

兄「あ、あの!」 

彼女「ひゃっ!急に大声出さないでよ~びっくりしちゃった」 

兄「……これ、お前にプレゼントだ」スッ 

彼女「コレって…」 

兄「ほんとはさ、雰囲気の良いレストランで渡そうかと思ってたんだけどよ…その…な、なんだ…あのなっ」 

彼女「も~、なんとなく開けなくても中身分かっちゃったじゃ~ん」 

兄「わ、悪い…」 

彼女「えへへ、それじゃあさ、はめて欲しいな~……指輪♪」 

兄「!!」 

彼女「え~と、これからもよろしくお願いしまーす!」 

兄「………こちらこそ」 




315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:31:48.81 ID:wXjIJNxD0
この彼女を見てもまだ結婚する気かよ 




317:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:34:09.70 ID:7HvOAGl50
~~彼女のアパートから3里程離れた海岸~~ 

コロコロコロ 

メガネ小僧「あれれ~?なんだこれ」 

そばかす少年「コナン君!どうしたんですか!?」 

メガネ小僧「バーロー、バラすんじゃねぇぞ光彦」 

おにぎり小僧「おいコナン!見てみろよ、へへっ、美味そうだなこれ!」 

メガネ小僧「……これは…目玉!」 

妹眼「……」ニヤァ 

妹眼「いただきま~す」 

グチャブチュグジュブリュッギジュシュ 




327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:37:40.45 ID:DjbXjTJo0
ちょっと待て、まだ続くのか 




329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:38:16.91 ID:7HvOAGl50
妹「……ふぅ」 

10円禿「…」死~ん 
ピカチュウ「…」死~ん 
工藤新一「…」死~ん 

妹「ごめんね僕達、私の生贄になってもらって。でもおかげさまで完全復活したから誇りにおもって良いんだよ?」 

妹「まぁいっか…さてと、メガネ君のこのローラースケートで行きますか~」 

妹「ほんとは夕方までしか使えないんだけどぉ……」ガチャ 

妹「そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!」 

バロロロロロロロロ 

妹「待っててね~お兄ちゃ~ん!」 




330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:38:48.48 ID:RB91qwCY0
何がどうなってるのか 




340:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:41:23.08 ID:bUK4MiPiO
なんだっけ 

首だけ残ってれば再生するホラー映画なかったっけ 




342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:42:41.71 ID:Tk1gbea10
>>340 
屍人 




349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:44:56.37 ID:bUK4MiPiO

兄も大概だなこれ… 

>>342 
いやなんか序盤レズ展開で頭だけになった女をもう一人が育てるとかいうマジキチ展開のヤツ 

http://www.amazon.co.jp/dp/B00006S25I/




343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:42:43.87 ID:7HvOAGl50
~彼女の部屋~ 

パンパンパンパン 

彼女「あっく!ひぃっんぐぅ!」 

兄「へい!締まり悪いよなにやってんの!」スパパンパンパンパン 

彼女「あひぃっ!じゅ、10コンボだどんふぅう!!」 

兄「まだまだー!フルコンボ目指すどん!」ドパパンパン 

彼女「あぅ"ん!も、もう一曲遊べるどーん!」 

兄「さぁ!始まるどん!」ドンパパンパン 

彼女「アヒィー!アヒィアフィアフィー!!」 




344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:42:53.83 ID:uDeGyRRt0
展開が早すぎてついていけない 




355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:46:25.19 ID:7HvOAGl50
~玄関前~ 

妹「……」 

彼女『アフィリエイト来るー!広告で銀行にお金はいっちゃうー!』 

兄『はぁっはぁ!いんぐぅぅう!』 

彼女『ひ、人のネタで金稼いで情けなくにゃいのほぉぉお!!』 

妹「えーと、このキック力増強シューズでっと」キィイイィン 

兄『射精しまーす!アムロ、逝きまーす!』 

ブリュレラュリュ 

彼女『アフィリエイトブログゥゥウ'"!』 

妹「っしゃあ!」 

バゴンッ! 




362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:48:18.18 ID:FArE91TC0
なぜk反応しない俺の息子 




364:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:48:49.35 ID:/XP+JqV60
>>362 
勃起しないのに我慢汁漏れてきたわ 




368:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:50:34.15 ID:7HvOAGl50
兄「!??!」 

妹「お兄ちゃ~ん、迎えに来たよ~」 

彼女「あ、アフィ顔Wピースでいくぅ…」 

兄「な、ななな、なんで妹が…確かトラックに轢かれた筈じゃ」 

妹「トラック?あぁ、ミニカーかと思っちゃった」 

兄「……な、なにしに来たんだ」 

妹「だから~、お兄ちゃんを迎えに来たんだってば」 

彼女「え?兄くんを迎えに来たの?だ、ダメだよ~!兄くんは私の夫なんだから邪魔しちゃダメだぞ~」スチャ 

妹「そ、それは…」 

彼女「キャノンショット!」ミチミチミチ 

ズギャンッ! 

妹「あ」 




374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:54:19.15 ID:7HvOAGl50
~~彼女のアパートから8里程離れた病院~~ 

パリーンッ 

ゴロゴロゴロ…ズダンッ 

妹「ぐっふぅ…か、身体に風穴開けられた…ヴっぐはっ」 

髪の長い少年「……」 

妹「ん"?だ、だれこの子?(いや、大人っぽいけど服装が…短パンに長袖って)」 

髪の長い少年「……」 

妹「まぁ良いや、いたたぎます」 

髪の長い少年「This way 」 

メチャグジュプリュダガバルギジュ 




375:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:55:24.71 ID:3NOWmH040
ゴンさんwww 




380:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 20:58:22.58 ID:7HvOAGl50
~彼女の部屋~ 

彼女「えへへ、扉ごと吹っ飛ばしちゃったけどぉ…これでまた二人きりだね」 

兄「び、ビーダマンってなんなんだよ…俺の時はちょっと痛いだけだったのに」 

彼女「締め打ちじゃなかったからね~、ささっ、ご飯食べにいこ?もう私お腹ペコペ 

妹「もうこれで…終わっても良い」 

兄「うわぁあ!!?な、なななな、なんで!?は、はやっ!もどってくるのはや!」 

妹「だから……ありったけ」 

彼女「キャノンショット!」ズギャン 

パス 

彼女「……え」 

妹「こんな鼻糞…」 




383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:00:39.15 ID:9Hy2jwd60
どこを目指しているんだ… 




385:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:01:53.18 ID:FArE91TC0
>>383 
ハーレム以外の何物でもないだろう? 




384:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:01:35.34 ID:7HvOAGl50
妹「最初はグー…」 

兄「おいおいおい!なんだよお前のその姿!筋肉お化けじゃねーか!」 

彼女「……」 

妹「じゃんっ、けんっ!」 

彼女「いっけー!ドラグーン!ゴーシュート!」ギャルン 

妹「な」 

ドラグーン「ぎゃおぉぉおん」 

彼女「コロコロコミック舐めないでよね…」 

妹「うそっ」 




386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:01:53.47 ID:m59Alq2f0
ベイブレード! 




389:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:02:25.28 ID:1MWZvMAe0
コロコロVSジャンプ 




394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:04:32.30 ID:7HvOAGl50
~~彼女のアパートから3000里離れたとある学園~~ 

ドサッ 

妹「…」ピクピク 

妹「な、なんで……ガイアドラグーンじゃないの…」 

妹「……マックスきゅん萌え」 

妹「………」死~ん 


その後、妹は息を吹き返す事は無かった 


それから1年の月日が流れた 




398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:05:30.08 ID:RB91qwCY0
懐かしいけどシュールすぎるwwwww 




401:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:08:47.09 ID:7HvOAGl50
兄「……」 

娘1「ばぶ~」娘2「ばぶ~っす!」娘3「……」 

彼女「あ、あはは…まさかの三つ子だったね」 

兄「いや…お前も良く産んでくれたよ、ありがとな」 

彼女「うん!頑張ったんだよ~?もっと褒めてよ」 

兄「しっかしみんな髪の色が違うな…」 

娘2「ばぶっす~」バキッ! 

彼女「あ~もう、椅子を壊しちゃダメでしょ?」 

兄「い、一歳位なのになんだこの馬鹿力は」 




406:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:11:56.48 ID:7HvOAGl50
彼女「それじゃあ私はこの娘達を幼稚園に連れて行ってくるね~」 

兄「あぁ、俺も少ししたら仕事に行くよ」 

彼女「ほら皆~お父さんにくっ付かないの」 

娘1「ばぶー!」娘2「ばぶっすー!」娘3「…」 

兄「ほらほら、お母さんを困らせちゃダメだろ?はいっ、いってらっしゃい」 

彼女「それじゃあいってきま~す」 




412:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:16:30.72 ID:7HvOAGl50
彼女「……え」 

妹「おはようございます!」 

彼女「あ、お、おはようございます…」 

妹「さようなら、死んで下さいね」ニッコリ 

彼女「あ…あの……聞いても…いいですか…?」 

妹「……なんです?」 

彼女「その……それで、いったい何をするんですか…?」 

妹「…これ?」 

彼女「は、はい…」 

妹「これは鉈という刃物でね、物をぶった切るのに使うんだよ~」 

彼女「そ…それは…なんとなく、わかりますけど…」 

妹「腕……出して」 

彼女「……え…?」 




413:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:17:01.72 ID:mY+5TDJV0
やべぇ、急展開だわw 




419:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:20:45.87 ID:BhyQK6240
なんで妹生き返ってんだよ 




421:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:22:36.70 ID:7HvOAGl50
兄「ん~、それにしても妹の奴…ベイブレードで吹っ飛ばされて以来見てないけど大丈夫なんだろうか」

妹「大丈夫だよぉ……」 

兄「!?」クルッ 

兄「な"っ"?!!」 

妹「あはは…久しぶりだねお兄ちゃん」 

兄「あ"っぁ…ぁっ"、ぁあ"…」 

妹「?……あぁ、玄関に転がってる四つの首?うん、私が殺ったんだぁ」 

兄「あ……ぁぢっぐ…あ…あぁっ…」 

妹「えへへ、大丈夫だよ~?お兄ちゃんもすぐ向こうに行けるからぁ…」 

妹「手に入んないならね……無理やり奪っちゃえば良いんだよ…」スタスタスタ 

兄「ぁ"っ…ぁ…く、るっな…」 

妹「側に居れないならね、側に置けば良いんだよ……一緒になれないならね、一つになれば良いんだよ」

兄「く、来るな…くっ…、るな!」 

妹「だーいすきだよ……お兄ちゃん♪」 




423:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:24:01.95 ID:64lSYabh0
ヤンデレを超えた何かだなコレ 




430:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:27:55.33 ID:7HvOAGl50
…………15年後………… 

妹「おはようお兄ちゃん、ほらっ、お酒持って来たよ!」 

兄の首「…」 

妹「ほらほら、呑んじゃって呑んじゃって!」グピグピグピ 

ボトボトボトボト 

兄の首「……」 

妹「うふふ、美味しかった?じゃあ次はステーキだよ?はい、あーん」 

ベチャ 

妹「………首が繋がってないから口の中に入れても床に落ちちゃうねお兄ちゃん♪」 

兄の首「……」 

妹「はいっ、お口の周りが汚れまちたね~。ふきふきしてあげまちゅよ~」 


妹は病んで死んで病んで死んで 

妹「私は綺麗なお姫様……そう、死ンデレラ」 

終わり 




432: 忍法帖【Lv=9,xxxP】 切り絵初心者 ◆Wixlu9loZM :2012/01/10(火) 21:29:08.69 ID:DFxJSFby0
このオチである 




436:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:29:31.05 ID:PjEik3I30
どうしてこうなった 




444:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:31:03.39 ID:DjbXjTJo0
何エンドだよこれ 




447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:31:47.18 ID:1raFsIEd0
カオスなまま終わっちゃった 




449:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:32:12.62 ID:d3eOGSY60
>>1乙面白くて約束すっぽかしてた 




450:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:33:40.91 ID:EGFDqOVn0
こういう精神的にイかれてる話書けるやつすげえよな....乙 




451:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:33:57.21 ID:7HvOAGl50
ありがとうありがとう、病ンデレラか死ンデレラか迷ったんですけど死ンデレラになっちゃったね! 
オ○ニーに付き合ってくれてありがとうございました。おかげで今日もぐっすり眠れそうです 




452:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:34:05.26 ID:FbJNJE5b0
鬼才でしたねw乙! 




460:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:40:24.49 ID:u39yrVpI0
センターを犠牲にしても悔いがない良スレだった乙! 




465:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:49:05.96 ID:OJYm/C+J0
>>1 
何か辛い事があるなら相談しろよ 




466:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:49:59.16 ID:Tk1gbea10
いや…妹と同じ血の兄なら生きかえるはず!… 




469:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:51:41.73 ID:M1cjAntX0
一体何処で間違えたんだ… 




470:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 21:53:27.69 ID:uWN18Uu6O
悪魔の毒々妹乙 
グロなのに面白いってどういう事だ? 




480:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 22:08:06.22 ID:ikTDFLmb0
>>1が天才過ぎて俺たちがついていけない・・・ 




481:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/01/10(火) 22:13:03.07 ID:kcAcm5xo0
こういう狂気を書ける、そして終わらせられる才能に嫉妬